メインへ飛ぶ。

スライム娘好きのチラシの裏

スライム娘促進運動をそこはかとなく。

更新履歴という名の管理人のひとりごと

2011/07/01

今年はもう半分すぎた。

どういうことだよ。

実は新サーバー機を衝動買いしてしまい、現在すでにWebサイトについては新サーバーにて運用しております。

今回導入したのは、これ。巷では「鼻毛鯖」と呼ばれているExpress5800/S70 タイプRBです。なんと、19800円。って僕が買ったときについてなかったクーポンが!

これ、むちゃくちゃ良いです。びっくりするほど静かですし(冷蔵庫やエアコンのがうるさいぐらい)、中が広々としていてメンテがしやすいですし、なおかつPentium G6950とそれなりのパワーもあるし。サーバー機なので使ってる部品も少し良質なものである可能性ありますし。PCIEx16もついてるのでVGAカードも拡張でき、簡単に普通のPCになります。

私的にはもう1台欲しい。そのもう一台をメインのデスクトップマシンにしたい。そのぐらい素敵です。

OSなどがついておらず、自分で最初から設定しなければならないのがネックですが、このマシン、バカ売れしているので少しぐぐれば簡単にやりかたがみつかります。すこし自信がある方ならぜひ。

まあそういうわけで、私的にはこうふんしております。なんか動かないところとか見付けたら教えてください。あ、wikiに変な警告が出てるのは知ってます。なおす方法がわからないのでいまのところほうちぷれいちゅうです。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/07/01 01:12 カテゴリ:日常

2011/06/19

なんかブログっぽくなりました。

以前からのご要望にお答えし、過去記事とかを辿れるようになりました。年ごとの閲覧がなんか壊れてますが、まあ、いいや。

そして恥かしい文とかも出てきたので俺としては腹を切りたいです。いまだに恥ずかしいなのか恥かしいなのか恥しいなのかわかりません。

カテゴリはわりと適当です。妄想のところにSSを入れるようにしてるのですが、たまに日常のとこにも入っちゃったりして。気付いた分は修正しましたが、まだあるかも。

せっかくの休みなのにいろいろあって家にいないといけなくなってます。まあ、僕インドア派だからどっちにせよ外出しないけどな!!


  1. かくに:なんと仕事の速いことか…。しかも凄い見やすいしかなり古い記事まで読めるしでありがたいです。かれこれ6年目になるんですね~。過去の書き込み見たら悶絶したくなるけどそれもブログの面白さかもしれませんね。休日は自宅待機って凄くもったいない気がする。だがそれがいい…と思う。
  2. 管理人:6年もやってたとか自分でもびっくりだ。まあ前から少しずつ調べたりしていたんですが、今回それがようやく日の目を見ました。あとは妄想だけ全体リストが欲しいなーとかなんとか。考えてみよう。
  3. 管理人:てす

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/06/19 11:12 カテゴリ:日常

2011/06/16

すべては貴方の笑顔のために

いや、久しぶりにのめりこんで読んでしまいました。おもしろかった!

というかやっぱ構成力だよなぁ、うん……。ひとつわかりやすいものを入れておいて、その後ろをガーンと出して、そのまま一気に終わる。ちっくしょう。

これ以上なに書いてもアレな気がするので書きません。ただ、ひとつ。コアおいしいです。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/06/16 02:46 カテゴリ:感想 » etc

なんてこった。

すっかり月イチ更新になっているこのサイト、皆様おげんきでしょうか。私はネタだけは出てくるんだけど文章にする気力が出ない毎日です。というかついったーで吐きちらしててごめんなさい。もったいないね!!

あとCoD:Boばっかやっててごめんなさい。もったいないね(時間が)!!

ついでに最近はカルシウムが足りない感じです。いろいろうまくいかない。

まあそういう気持になってるときは、だいたいまず自分が良い方向を見ていないときなので、こう、なんか、がんばろう。


  1. かくに:形にするのは時間がかかるし手間もかかるからどうしても後回しにしちゃいますよね~。そういえば過去に書いてたジェラさんのSSってのはどこかに保管されていないんでしょうか?
  2. 管理人:辿れるようにしてみましたー

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/06/16 02:24 カテゴリ:日常

2011/05/22

女神の詩シリーズを掲載しました。

女神計画

僕と初ヶ瀬マキナ様での合作になります。Twitter上にてリレー小説形式で書いたものです。だいたい段落ごとで交代してます。あ、作中の女神の詩はマキナさんです。

途中で設定とかやりとりしましたが、完結をどうするかとか、あらすじとかはまったく決めずにやってました。そもそも最初は自然開始だったからなぁ……。出だしのついーとに僕がいきなり続き書いて@付けで返答するという。ひどいはなしだ。

そしてこの作品、きちりと完結できたのはひとえにマキナ様が執筆の遅い僕に根気よくつきあっていただけたがゆえだと思います。本当に感謝です。

さらに楽しかったです。自分の思わぬ返答が来るのがとても。こうくるのかーと。逆に思ったとおりの返答がくると嬉しかったりしました。終わった今最後まで見てみると、すごいクオリティのものが出来てしまったなぁと。エロ度やべぇ。自分だけじゃ出来なかったぜ……。

女神の種~はじまりとこれから~ from Makinaway
マキナさんが書かれた作品です。地味に女神計画とリンクしてますのでこちらも是非。
女神の種シリーズ設定
僕が勝手につくった設定集です。もしこの世界でなにか書きたいひとがいたりしたら、ご自由におつかいください。

  1. アルティ・エストランス:うーん……何か、ちょっと読みづらい構成デスねぇ。二番目のは色的にちょっと見づらい気もしますし。まあ、内容は面白いデスが。
  2. 管理人:まあそこはリレーの宿命ってことで。感想ありがとです。
  3. :下っ端が一人暮らしのオタクの家に降臨なんてシチュを思いついたのに、想定ほど自由度のある設定じゃないですね
  4. 管理人:ん、わりかし面白くなりそうなシチュですけど!

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/05/22 23:12 カテゴリ:日常

初ヶ瀬マキナ様から『人と蟲』をいただきました!

本来誕生日プレゼントとしていただいていた本作、掲載遅れまくりで申し訳なく……

RyonaRPGの某装備から着想を得たとのこと。蟲アーマーとかなおかつ共生とか。もう、エロいなぁ、ほんと。

というわけで、ありがとうございました!


  1. 初ヶ瀬マキナ:掲載有難う御座いました!本当はエロエロ書くつもりだったのにどうしてこうなった。最近こんなことが多すぎる早く就職活動終えたいうぼあああああ!でも侵蝕蟲素敵!
  2. アルティ・エストランス:ふむぅ……私も何か、誕生日プレゼントらしきナニかを用意すべきでしょうかねぇ……?
  3. 管理人:マキナさん > 素敵!まあ思いどおりにいかないことがあると、どうしても創作も思いどおりにいかないもんです、はい……しかしそれは始まりにすぎないのだった。 /  アルティさん > いや別に、もう1ヶ月前ですし、誕生日……

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/05/22 11:39 カテゴリ:日常

2011/05/16

気力と体力

もっと頑張ろう。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/05/16 00:34 カテゴリ:日常

2011/05/09

おひさしぶりです。

なんか無駄に更新の間が空いてしまいました……。

理由? いやまあ仕事が忙しかった、のは4月の終わりまでで、5月に入ってからはFPSばっかやってたとか、はい、すいません。

というかまあ、ニコニコの鉄塔さん加齢さんの動画見て面白そうだったのでマルチまで始めてしまったのが致命的だったね。時間飛ぶ飛ぶ。あっはは、やばい。でもしょうがないよね!加齢さんほんと楽しそうにやるもん!! まあ自分の腕はぶっちゃけ戦犯レベルのダメさ加減ですが、初心者の為の立ち回り講座見て少し理解できてキルレ0.5ぐらいにはなってきたよ。そんな頑張りすぎ状態だったので暫く封印するよ。たぶん。きっと。

あ、あと4月の終わりに家族旅行してきました。一泊7800円の湯快リゾートってセットで山中温泉の山中グランドホテルで。山中温泉自体は見事に雨で周囲を楽しむこともあんまり出来ず、というかそもそも観光地っぽいところはほっとんどなかったんですが(笑、温泉自体はのんびり出来ました。大浴場なんて書いてあるけどまったく大浴場ではなかったり(というか写真うまく撮るなぁ……)、でも食事(バイキング)は、まあ、それなりに楽しめました。というか、なにより良かったのは無料のマッサージチェアですけど。最近のは凄いね……全身揉みほぐしてくれるんだね……ぐぅ。

帰りには金沢まで行って兼六園に。なんというか、日本庭園のスキのなさにびびりました。どこに立ってみてもなにかしら絵になる。なんというか、びびりました。完成度やべぇ。

あとはカレーのチャンピオン食いました。普通にうまかったです。また金沢行ったら食おうと思ってたんですが、今調べてみたら普通にウチの近くに出店してました。……知らなかった。明日帰りにでも食いにいこう。

さて、実はウチには体重計がないのです。ただ自転車で通勤してるし、なんとなく体自体は軽くなった気がしてたので多分5kgぐらいやせたんだろうと勝手に思ってました。で、温泉行ったとき、実に半年ぶりに体重計に乗ったんですよ。……5kg増えてやがりました。やべぇ、0.1トンが近い。

そういうわけで、速攻で体重計を買いました。体脂肪とか測れるどころか体重計自体が記録までしてくれるHBF-375です。まあその結果、足の筋肉がついてて、逆に他の部位の筋肉がほっとんど無いというアレな状態だというのがわかりましたので、腹筋鍛えようとかなんとか、そんな感じになってます。しかしオムロンの体重計って用途ごとにやったら種類があってどれ買えばいいのかわかりづらいんですけど、私的には記録をとってくれて今日、1、7、30、60、90日前で勝手に比較してくれるHBF-375で正解だったかなとか。

そんな近況報告でした。明日からがんばる。


  1. かくに:噂のFPSってどうなのかと動画見てたらこれは一度やり始めたら戻れなくなる予感満載ですね。久々の更新で旅行行ったり筋肉増量したりと元気そうでなによりでした。
  2. 管理人:ごぶさたで申し訳ないです。FPSほんと楽しいです。サバゲやってるかくにさんならなおのこと……
  3. かくに:市街地戦の動画見ましたけどまさにインドア戦を彷彿とさせますね。しかもいつでもできちゃう手軽さがまた…オンラインとかで四六時中いろんな人とプレイできたら確実に日常生活に支障が出るくらいやってしまいそうな気がします。そりゃあ夢中になってしまう訳ですよ。
  4. 管理人:オンライン系はマジで日常生活が危うくなりますからね……動画見るだけにしとくのが吉かもしれまねん。最後に井出さんの熱い動画で。ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm13674103

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/05/09 00:47 カテゴリ:日常

2011/04/18

そういえば04/17は火野レイの誕生日だった。

そういうわけで、めでたくジャーマネン化した亜美ちゃんに、祝いにいってもらいました。※例のSSの完結(?)後を想定しています。完結させてないのに、ひどいね。

 誕生日おめでとう、レイちゃん。ねえ、私、心から祝ってるんだよ。なのに、なんで私のプレゼントを拒否するの? そんなに私のこと、嫌い?

 ねえ、そんな目で見るのは、やっぱり、私がドロイドになっちゃったから? 赤い粘液を操り、触手でレイちゃんを拘束するような、得体の知れない人外だから嫌なの?

 こんなどろどろの触手で無理矢理縛っておいてよく言うって? うん、そうだね。私だて、こんなの本当はしたくなかった。この触手だって私の体の一部だから、私からすれば触ってるだけなんだけど、レイちゃんからすればとってもきもちわるい。触るだけで嫌な目で見られるって少し悲しいけど、わかってる。だってわたしだってそうだったもの。

 なら何故って? だって、知ってたもの。レイちゃんは私のことずっと狙ってるって。私がドロイドに変わったことにもすぐに気付いたのに、誰にも、なにも言わなかった。今日も私ひとりで訪ねてきたら、こんな離れに通されて。まるで私を殺そうと思ってるみたい。

 こんな夜中に訪ねてこられたら、誰だってそうする? あ、確かにそうかもしれないわね。ごめんなさい。でもそれだけじゃないわ。レイちゃん、お風呂で『汚れ役になるのは私ひとりでいい』って呟いてたよね。それも、何度も。……なんで、知ってるのって? 水のセーラー戦士だもの。水のあるところなら、わかるわ。

 ドロイドがセーラー戦士を名乗るなって? そうね、確かに私は、もうセーラー戦士じゃないわ。私はより多くのひとを助けるため、セーラー戦士の力を捨てて、この体になった。体は変わったけど、心はそのまま。ちびうさちゃんも、うさぎちゃんも、カラベラス様も助けたいの。

 あなたが敵と呼び殺してきたニパスも、アツゲッショも、ダンブルさんも、時を戻せるなら助けたい。でも、それはもう無理。ああだからといって、殺したレイちゃんを恨んでるわけじゃないのよ。私はジャーマネンでもあり、亜美でもある。だから仕方無かったんだって理解しているわ。レイちゃんを恨んだりはしてないし、むしろ私は私の力で、レイちゃんを助けたいの。

 騙されてるとか、そんなこと言うの? 酷い。私、簡単に騙されちゃうように思われてたんだ。ちゃんと自分の頭で考えて、出した答なのに。

 ねえ聞いて。前世なんかに縛られ、狭い世界しか見ていないレイちゃんを、もっと広い世界に導いてあげたい。それが私の願い。そのためには、私が研究して作りあげた、私の卵を飲むだけでいい。たったそれだけで、戦う力は消えてなくなるのよ。霊感少女なんて言われて疎んじられなくなるの。そうして、うさぎちゃん以外とも普通にしゃべれるようになる。レイちゃんは、普通の少女になるの。

 ううん、私みたいにドロイド化なんてしないわ。ちゃんと人間に戻る。バランスを研究したの。そういったことのために、この体になったんだもの。

 ……これだけ言っても、信用してくれないの? あなたなんか亜美じゃないって、亜美だったら戦いを放棄するよう言わないって……。さっきも言ったわ。私は亜美よ。そしてレイちゃんがそうやって戦う力に固執するのは、うさぎちゃんだけに依存しているからよ。

 ……いいわ、わかった。レイちゃんから戦う力を無くすのは、あきらめたわ。私は、嫌がることはしない。例えそれが相手のためになることだとわかっていても、無理矢理はいけないこと。わかるわ。

 でもこのままだと、開放した途端、私、殺されちゃうわよね。あなたの目がそう言ってるもの。だから、本当に残念だけど、対策だけはさせてもらうわ。

 簡単なことよ。私の体を使って、レイちゃんを、たっぷり、狂わせてあげるの。最初はきもちわるいかもしれないけど……ふふ、すぐにそんなこと関係なくなる。ぬるぬるで、どろどろで、ぐちょぐちょなのに、おくちも、耳も、首も、脇も、手も、おへそも……そしてもちろん、おっぱいや、おまんこも。ぜーんぶきもちよくして、頭のなかがそれだけになっちゃうの。

 不可能って? うふふ。今の私には、ヒトの体なんて、とっても簡単に扱えるの。神経に直接私をつないで、ちょっと刺激を与えるだけでいい。自在の体が可能にしたスキンシップなのよ。

 まだ、私のことを、そんなふうに言うのね。なら実行するしかないわ。残念だけど。……残念。

 ねえ、最後に言わせて。私、こんなことになんてしたくなかった。レイちゃんが私のこと受けいれてさえくれれば、とってもきもちよくできたのに。ずっと親友でいられたのに。いつだって気持ちよく、できたのに……。

 うん、しかた、ないよね。じゃあ、いくよ。私からの、ハッピーバースデー……


 なんなんだ。なんなのだ!

 目の前の、こいつは得体の知れないドロイドだ。亜美ちゃんの姿を借りて、えっちな触手で私を嬲る卑劣なドロイドだ。それも全裸を見せびらかすように私の前に立つ。亜美ちゃんが言うはずのないことを、亜美ちゃんの姿で! 亜美ちゃんを侮辱している。こいつは私の親友をこれ以上ないほどに侮辱しているのだ!

 なのに、なんなんだ! あのセリフは。そしてあの表情は! あんな、寂しい顔は……亜美ちゃん、そのものじゃないか! 理解されなかったときの、仲間外れにされたときの亜美ちゃんじゃないか! ……なんで、なんであんな顔が出来る。模倣しているだけのくせに!

 私の肌がちりちりする。ソーダにでも触れてるかのような感覚だ。溶かされてる? いや、多分目の前のドロイドは、確かに言ったとおりのことを実行するつもりなのだ。私を狂わせるために、繋がろうとしているのだ。

 ……あんな、悲しそうな顔で!

 演技のはずだ。あんなの。本心は嬉しいはずなんだ。私が壊れ、戦力が無くなることが! そのはずなのに。そのはずなのに! なんで……なんで……私……あのドロイドが……亜美ちゃんに見えてしまうんだ……

「亜美……ちゃん……」
「……レイ、ちゃん。わかって、くれたの?」

 亜美ちゃんの声で、亜美ちゃんの顔で、目の前の彼女は嬉しそうに言った。ああ、そんな顔されたら、私は。

 私に絡まった触手が、引いていく。私の拘束が溶けてゆく。私の強固な思いもいっしょに、溶けていく。もう、目の前の敵とは戦えない。だって私には、亜美にしか見えないから。

「ひどいこと、言っちゃったね」
「ううん、私も、ひどいことしたから」

 悪いのは一方的に私なのに、なぜかお互いに謝ってた。ああ、そうだ、やっぱり亜美ちゃんだ。ごめんねと、私はもう一度謝ってしまった。

「よかった。私、レイちゃんと、また笑っていられる。ドロイドになっても、また」

 亜美ちゃんは、そう笑った。もう、ドロイドとか、関係ないよと私も笑った。さっきまでのはなんだったのと、亜美ちゃんは笑いながら返した。私がまた謝ると「いいのよ、もう」と、亜美はまた笑った。

「ああでも、レイちゃんをきもちよく出来なかったこと、残念だな……」「え?」
「えっちなこと、したくなったらいつでも呼んでね?」「え、ええ? やっぱりドロイド?亜美ちゃんらしくない!」
「ええそうよ。私はドロイド、ジャーマネン。そして、同時に人間、水野亜美。」

 くすくすと笑いながら、彼女は答えた。言い聞かせるようなそれは亜美ちゃん。だけど……

「ふふ、じゃあ、私、帰るね。また明日。」

 最後にそう言いのこして、亜美ちゃんは闇の中へ溶けていった。ああ、彼女が「帰る」ところはそこなのかと、少しさみしくなった。

 そして今、私はお風呂に入っていた。ぬるぬるに汚された私の体を清めるためだ。

 でも、なのに、それを洗い流した途端、寒さを感じた。あったかな布団を奪われたかのような、そんな冷たさ。あるいは人肌の温もりを奪われた、寂しさだ。

 そうだ。このぬるぬるは亜美ちゃんの体液だったわけで、そしてあの触手も亜美ちゃんだったわけで……。ああ、私、裸で亜美ちゃんに、全身さわられちゃったんだ……

 ふっと、裸で抱きあう私と亜美ちゃんが脳裏に浮かぶ。う。なんだろう。なぜか顔が熱くなってきた。湯が熱いのかな。それとも……

『えっちなこと、したくなったらいつでも呼んでね』

 うわ、なんでその言葉が頭の中で再生される。私、ちょ、なんかお風呂に入ってるだけなのに、むねがどきどき、からだがほかほか……おっぱいがざわざわ……た、試しに触って……試すだけ……

「……んっ!」

 やばい。きもちいい。どうして。もっと、もっと揉もう。そして目を閉じて……これが亜美ちゃんの手と思って……

「ん……あ、亜美ちゃ、はっ……もっと触って……」

 もう熱のまま、私の手はあそこへと伸びていた。淵をなで、小さなおできに触れた。びくびくと体が震え、さらに、さらにと指は奥を目指す。

「あ……い……」

 気がつけば、私を中心に水が渦を巻いていた。私の動きに呼応し、水が私を撫でる。ぬるぬる……むにむに……え?

 目を開けると、そこはウチのお風呂ではなかった。びくんびくんと震え、ぬるぬるの艶を放つ赤い肉壁が作る、小さな部屋。それだけでなく、私の体を亜美ちゃんが、触っていた。

「あら、気付かれちゃった」
「え、いや、な、え?」
「大丈夫、ここは私の中だから。だれも邪魔しないわ。うふふ、レイちゃんがあんな声出してるもの、ご招待しちゃった、私の中に」
「え、いや、はい?」

 混乱してる私を無視し、亜美ちゃんは体を撫でながら続ける。

「こわがらないで。私に身を任せて……」

 ぬるぬるの手が、私を撫でてゆく。巨大な舌で舐められてるような、それともおまんこを直接塗りつけられるような、そんな感覚で、きもちよかった。

 ああ、もういいか。亜美ちゃんに任せてみよう。きっと、きもちいいだろうから……

 最後にそう考え、私は目を閉じた。


 最初は、亜美ちゃんが私を撫でまわすだけだった。それでも私は十分にきもちよくて、力が抜けて、ふにゃふにゃになれたけど、でも、なにか足りなかった。

 そんな風に考えていたら、唐突に亜美ちゃんが「舐めて」と言った。目を開けるとすぐ前に亜美ちゃんのあそこがあった。

 私は言われたとおり、その秘裂を舐めた。亜美ちゃんはぴくんと体を弾かせたが、すぐに私の口へともう一度それを押しつけてきた。舐めれば舐めるほど、亜美ちゃんの中から蜜が溢れてきた。それは桃のように甘くて、蜜のようにとろとろしていた。美味しいので、さらにさらに舐めつづけた。

 一方私の秘裂も、亜美ちゃんの舌が侵入していた。この舌はどこまでも伸び、襞の一枚一枚を丁寧に舐めあげ、奥の奥まで綺麗にしていった。太さや硬さまでも変えながら、私の穴を埋め、満たしていった。

「ごめん、私、もう我慢できない。もっとレイちゃんを感じたい」

 亜美ちゃんは、唐突にそんな宣言をした。すると赤い肉壁がずいずいと迫ってきて、あっという間に部屋ではなくなってしまった。小さな肉の寝袋の中に、二人収まっている感じだろうか。私と亜美ちゃんは、ぴっちりと密着することになった。

「ね、入れて、いい?」

 変幻自在の体は、狭い中でも簡単に体位を変える。私の目の前にきた亜美の顔は真っ赤になっていた。私は肯定のつもりで、抱きあいながら、キスをした。ちゅるちゅると、私の中になにかが侵入してきた。

「ああ、レイちゃんの中、あったかくって、きつくって、ぬるぬるして、とてもきもちい……」
「亜美ちゃんのも、それに亜美ちゃんの中も、とってもきもちいいよ……」

 本で見たセックスは、男のほうが激しく動いていた。が、亜美ちゃんにはその必要はないようだった。中の触手は自在に形を変え、舐めあげ、震え、捻れ、波立った。私たちはきつく抱きあい、御互いのぬくもりを感じたまま、繋がる快感を貪った。

「ね、出していい? たまご、出していい? 戦いやめよ? 人間になろ?」

 亜美ちゃんは、赤い顔で私に聞いた。……とってもかわいい。かわいかった。でも。

「ごめん、亜美ちゃん。私、やっぱり戦う力は欲しい。うさぎちゃんの敵になるのは、きっと、まだいるから」

 私はそう回答していた。亜美ちゃんは寂しそうに目を伏せた。

「でも、亜美ちゃんの卵自体は、私、欲しいな。戦う力を失わないものなら、出していいよ。ううん、出して欲しい」
「……ありがとう、ありがとうレイちゃん!」

 亜美ちゃんの目が、すこし潤んでいた。

「じゃ、いくよ……受けとって! 戦う力を失なわない、普通の、私の卵!」

 私の奥のなにかが、触手によって抉じ開けられた。その直後。びゅーっと、先を細めたホースから出る水のように、それは私の奥へと流しこまれた。

「「……ん、あ、んあああああぁぁぁぁぁぁっ!」」

 触手がびゅくびゅくと鼓動を立てながら、止まることなく送りこまれつづける。その振動と快感は、私の脳を焼き、声を上げさせた。亜美ちゃんも、目をびくびくさせていた。それが、10秒、20秒、いや、もうわからない。止まることなく続く。子宮が満たされるどころか、お腹が膨らんでいった。

「あ……ああ……っ……」

 それが止まるころには、私のおなかは妊婦のように膨らんでいた。肉壁が広がり、亜美ちゃんも離れる。二人の肌の間に、ぬちゃぬちゃの橋がいくつも伸びた。体を起こすと、ぼむんとお腹が弾んだ。

「……たまご?」
「うん、たまご、というよりは、私の分身かな。これでいつも、私はレイちゃんの中で、レイちゃんの温もりを感じていられるの」

 もちろん、危なくなったときはおなかから出て助けてあげるからね? そう笑う亜美ちゃんが、とてつもなく愛しく感じた。おなかを撫でながら。

おしまい。


  1. 管理人:眠れなかったんだ。書かないと眠れなかったんだ。もうあと1時間しか寝れないけど。あはは。おやすみ。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/04/18 05:37 カテゴリ:妄想

2011/04/17

生きてます。

8/31に夏休みの宿題をやるどころか、ぶっちしていた私ですが、そこからあまり成長していないようです。予定どおり予定が伸びていたが、永久に伸びるわけではなかった。

まあ別に死にそうなほど忙しいわけではないのですが、創作活動をするほどの余裕がないとか、そんな感じです。屋りびんのさんとこの赤い娘と青い娘が双方すごいことになりそうでわくわくとかは出来てます。

来月こそは有給を取るんだ……

というか、24時間ぐらいジャーマネンさんの中でゆっくりしたい。まあ24時間だけでいいのか、っていわれると、そうでもなかったりするわけですけど。

ルパンのバイバイリバティー的な堕としかたもいいよなぁ。っていうかあれ堕ちじゃないな。寄生+操りか。あれもしイザベルがやってたらエロかったよなあ……。もしイザベル裏切らなかったら継承者は彼女だったはずで、うひひ。


  1. アルティ・エストランス:そうデスねぇ……私も50年くらいゆっくりしたいものデスよ。
  2. 管理人:それは流石にながすぎる。
  3. かくに:お疲れ様です。なんかもう会社と家の往復だけだと心が折れると言いますか…週一でも休みがあればマシかもしれませんね。GWくらいまで逃げ切ればまだ少しはかわりますでしょうか?
  4. 管理人:すいません、休みは取ってます……あんまり体力のあるほうじゃないんで、どうしてもへにょるってだけで。GWとかほぼ関係ない仕事ではありますが、ゴールは見えてきたので頑張ります。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/04/17 20:48 カテゴリ:日常

Page 10 of 92: « 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 »


作成:スラマイマラス
MSN : slime.haha@hotmail.co.jp (注:ここにメールを送られても読みません)(滅多にログインしてないので削除)
Skype : slimymars
XBox Live : slimymars (slimymars@gmail.com)

当サイトは基本的にNYSDLの元で公開されていますが、 引用されている文章、画像などは元の著作権所持者に帰属しますのでご注意ください。

当サイトへのリンクはどのような形(普通のリンク、直リンク、ディープリンク、隠しリンク)であろうとも、歓迎します。

ばなあ

↑リンク用ばなー。cy様よりいただきました。ありがとうございます!!

当サイトはuchigawa@moonを勝手に応援しています。

アナログ