カテゴリ:日常とか。

日常のだらだらした風景

2010/04/01

ここはスライム娘に感染されています!特別講座を公開しました

こんにちは、ジェラです。

どうやらスライム娘の感染率が順調に上がっている様子。それを見ながら私はひとりモニタの前でニヤニヤしています。

ただ、そうしながらふと思ったのです。ここまで私たちが知られるに至った歴史を、まとめておくのも悪くないのではないか。

思ったことは直ぐに実行に移すのが私です。この日本で一番スライム娘の歴史に詳しいと思われる某氏を取りこみ、今回の講義を書かせていただきました。

正直なところ時間が足りなかったため、もっといろんな人間を取りこみ、歴史の補完をすべきだったというのが反省点です。

というわけで、ここが不足しているというご意見を募集しています。今スカートの中にいる彼よりも知識がありそうな方がいれば、そちらを取りこむのも良いですしね……うふふ。


  1. 鍵介:講座乙かれです!4月1日にそんな企画をやっていたんですか!うちも間に合えば参加してみようかな…。ブログの最新記事を今まで描いたさはらで埋め尽くしたりとかすればいいんですよね(・ω・´ )キリッ
  2. 管理人:鍵介さん > 初出勤乙です! さらに企画参加もおつかれさまです。さはらで埋められた記事がステキすぎです。企画がおちついたころに詳細なコメント書きますね。
  3. CauldronBlue:後の作品に与えた影響は不明ですが、1958年6月24日公開の(Wikipedia調べ。1958年9月12日米国公開の「人喰いアメーバの恐怖」よりも若干早い)日本映画「美女と液体人間」は(残念ながら美女の液体人間は登場しませんでしたが)放射線の影響で人間が人型スライムと化し他の人間を同化吸収していくというもので、「液体で出来た人間」「液体化」概念の先駆けとして特筆に価するものがあるように思います。
  4. CauldronBlue:補足と訂正/すみません、美女の液体人間が登場しなかったかどうかは未確認ということでお願いします……スチルを見た限りでは人型をとった時でも性別の判然としないスライムの塊のようなのでああ書きましたが、ストーリーを調べ直してみると女性が液体人間に同化されるシーンがあり、後に登場する液体人間に彼女が含まれていないとは断定できないので。
  5. メタボン:「空白の時代 - 1968〜1986年」とされていますがバビル二世のロデムたんをお忘れでは?
  6. 管理人:おおう、情報ありがとうございます。双方ともに完全に失念していました。講義記事については4月7日以降、スラ娘Wikiに移植する予定です。その際にご意見を反映させていただきますです。
  7. にかわあめ:はじめまして。「膠雨」といいます。SFでよろしければ、「黄金のトランク」(手塚治虫1957)の「博子」、「トロキン」(眉村卓1976「ワルのり旅行」収載)の「妻」があります。未読でしたら是非!最近のでしたら、「S式コミュニケーション」(新木伸2006)の「サラ」も好いですね!!
  8. 管理人:はじめまして、情報ありがとうございます! なんと、パルマよりさらに古いのがある、だと…! さらに1976年とは。どれも貴重な情報です。早速amazonで注文しました。
  9. にかわあめ:またお邪魔いたします。調べれば調べるほど1976は中興の年に思えます。「火の鳥」の望郷編がマンガ少年で連載始った年であり(単行本では割愛されていますが、ムーピーの擬態シーンに2頁を費やしています。)、石津嵐の「キャプテンシャークシリーズ」(←不定形生物の美人従者「アヤ」)のスタートした年であり、マイクル・コニイの「ブロントメク!」(サンリオ文庫1980)の発表された年でもあります。相手に感応して、理想の異性の形をとるのがこの3者の共通点でしょうか。80年代入ると、「Dが墜ちた日」(たがみよしひさ)の「ディウイルクナアクオンフルノイ、通称ディ」とか、「帰り道」(夢路行)の宇宙人とか。探せばまだありそうですよ!
  10. 管理人:すごい量の情報が一気に! 望郷編で唐突にムーピー復活して不思議に思ったもんですが、なるほど1976年、ポイントになる年だったのですね……。これはさらなる調査が必要です。やはり奥が深い…
  11. CauldronBlue:アニメ「銀河鉄道999」(1978~1981年放送)でスライム娘(というかスライム母娘)を中心にしたエピソードを思い出したので調べてみたところ、何と該当作「透明海のアルテミス」に加えて「不定形惑星ヌルーバ」でもスライム型宇宙人の娘が登場していることが判明しました。同時期(1977~1981年連載)のコミック版でも該当エピソードの名前があり、1968~1986年の「スライム娘空白期」を埋める著名作品でのスライム娘登場例として記載に値すると思います。(あと、Wikipediaの情報と重複しますが「ネバネバベトベトつめたーい」のキャッチフレーズでヒットした玩具スライム(1978年日本上陸)は同時期の「スライム」概念そのものの普及を支えたRPGブーム以前のアイテムとして、スライム娘の歴史上でも意義があるかもしれません)
  12. にかわあめ:豊田有恒の「アメーバ妖女」には別バージョンがあって、角川文庫「サイボーグ王女」に収録されています。遭遇するのは遭難船の生存者「タマラとソニア」、そう、集英社版の「スパイダー鬼女」そのもの。相違点は正体がどす黒い流体であるだけで捕食行為の1ページちょっとを除いて全く同じ文章です。あと、水木しげるのキャラに仙人の娘の「水の精」があったように思います。地下水脈を経て泉から滝へ、維管束を通って花邑の中へと瞬間移動しますが、生憎と掲載作品(ですから発表年も)を失念してしまいました。はたしてパルマに先行するものだったかどうか...?80年代でひとつ忘れていました。「物体M
  13. にかわあめ:切れちゃったよ。「物体Mは私の夢を見るか?」(大原まり子1988)
  14. 管理人:沢山の情報ありがとうございます。いただいた情報については ttp://slime-girl.homelinux.net/wiki/スライム娘の歴史 にて少しずつ掲載していこうと思います。
  15. GARONN:お久しぶりです~(覚えられてるかな?w)自分も一つ情報を、吾妻ひでお先生の「エイリアン永理」という漫画の中に出てくるヒロインが、不定形エイリアンで身体の形を自由自在に変えられます、無機物、別の生き物への変身も多めですw
  16. 管理人:GARONNさん > おひさしぶりです。Eveはあれから読んでみたのですが、なんで大きくなったあとはスライム化の頻度が落ちるんだというか人間に戻ってどーすんだというか! エイリアン永理は表紙に見覚えがあるんですが中身は読んだことないです。amazonでプレミアが付いてて泣きそうです。
  17. にかわあめ:過去の記憶と狂気を取り戻しつつある膠雨です。吾妻ひでお!「人間ごっこ」(正1979、続1980)の「人影子」、「ぶつぶつ冒険記」(1982)の「つぶつぶ」、「パンドラ」(1984?
  18. にかわあめ:)と続きます。「パンドラ」はかなりのシリアスホラーでグロいですよ。同族同士の細胞の交換とか、知性を失って暴走する分体の吸収合体による服属化とか、いろいろ見せてくれます。
  19. 管理人:さらなる情報をありがとうございます。なんとか揃えてみたい……

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/04/01 14:55 カテゴリ:日常

2010/03/29

鍵介様からジェラさんとさはらさんをいただきました

塗りとかほんとかわいくてもうっ!! でも、あんましさはらさんいじめちゃだめです。

というわけで勝手ながら補完してみました


「ああ……今日もひとりぼっち……」

 わたしと同じぐらいの背丈の子たちが、下を向いて歩く私とすれ違ってゆく。
 たぶん、この道は通学路なんだろう。ランドセルを背負った沢山の仲良しグループが、通りに暖かく楽しい風を作っていた。
 わたしはたったひとりで、その風に逆って歩いていた。さびしさに押しつぶされそうで……手の感覚も無くなりそうだった。

 しかし、下を向いて歩いていたのがいけなかったのだろう。どん、と、私は白い壁にぶつかってしまったのだ。

「ご、ごめんなさいっ!」

 反射的にひとこと。そして顔を上に向けると……、そこに立っていたのはメイドさん?だった。
 どこからどう見ても漫画とかに出てくるメイドさん。でも実物を見るのははじめてだ。
 ただ、それよりなにより重要だったのは……そのメイドさんが怒っていたことだった。手を腰に当て、目を尖らせて私を睨んでいた。

「え? あ、あの……ご、ごめ……」

 圧倒され、戸惑いの言葉しか出ない私。
 と、メイドさんの三つ編みがひょいと持ちあがる。驚く間もなく、先端がどろりと溶けて、手の形になる。
 そのとき初めて、この目の前のメイドさんが人ではないことに気がついた。
 私と同じ……スライムだ。

 メイドさんも初めてだったが、私と同じモノを見るのも初めてだった。
 そしてそんな彼女が……よくわからないけど怒っていた。
 その三つ編みの先の手で、私をぴしりと指差して、メイドさんはこう言った。

「あなたには、自覚が欠けていますわ」

 その意外な言葉に、私には「は、はぁ……自覚…ですか?」と返すのがせいいっぱいだ。

 メイドさんはそんな私を暫く睨んだあと、ふぅ、と大袈裟に溜息を付いて言った。
「わからないのですか? あなたには、スライム娘の自覚が欠けていると言っているのです」

 自覚とか……意味がわからなかった。
 初めて出会った自分と同じひとに、睨まれて、なおかつそんなことを唐突に言われて、わけがわからなかった。
 少しむっとしたのが事実だった。

「自覚って……なんなんですか?」
 自然と、少し強い口調になった。

 私のメイドさんの三つ編みが、こんどは私の手をぴしりと示した。
「回りに人が沢山いるようなところで手の擬態を解いて、回りの人が見たら怖がるじゃないですか」

 言われてはじめて、私は手の擬態が溶けていることに気がついた。
 なんだか妙に恥かしい。
 急いで直して……でも私はメイドさんをキッと睨み返す。

「そんな……皆の前で三つ編みを手にしちゃう人なんかに言われたくないです……!」

 いってやった!
 私はそう思ったのに、メイドさんは動ずることもなく、私の目をじっと見ていた。
 と、そこに割ってはいる子供の声があった。

「あ、ジェラさんだ。ジェラさんこんにちわー」

 すれ違う子供たちが、親しげにメイドさんに挨拶してきたのだ。
 メイドさんはその子たちに向き直ると、なんとその三つ編みの手で手を振りながら答えた。

「こんにちは。またいつでも遊びにいらっしゃいね。」

 子供たちは笑いながら、手を振りかえし、「またねー」と遠ざかっていった。

 信じられない光景だった。
 明らかに人外だとわかるのに……みんな逃げなかった。
 どういうマジックなのか、私にはまるでわからなかった。

「自らの体を知り、自らの形を知り、自らの価値を知る。すなわち自覚をすることで、こうして分かり合うことも出来るのです」

 メイドさんは呟くように言った。
 スポンジのようにやわらかく、包みこむような声だった。
 ナイフのようだった目も、いつのまにかやさしい光に満ちていた。

 でも……

「でも、わからないです。自覚ってなんですか。なんで自覚をすると分かりあえるんですか……!」

 私の目には、いつのまにか涙が浮かんでいた。
 きっと、体も力が抜けて、どろどろに溶けてしまっているだろう。

「自覚をすることで、自分が、人になにを出来るのかがわかるのです」

続く。(続くにしとかないと明日のネタがなくなるw


  1. 鍵介:おお!何気なく書き綴ったものがこんな話にまとまるなんて!なんだかもう、ありがとうございます!
  2. 管理人:続きを書く予定でしたが…体調不良のためお休みさせていただきます……。 > 鍵介さん いや、いい導入があったので膨らませてみました。勝手に続き書いちゃいますがよろしいですね!
  3. 鍵介:お疲れでした…。ゆっくり休んでください。 >続き どぞどぞ。展開はスラさんにお任せします^^
  4. SIN:お久しぶりです、SINです。  このイラスト可愛いです!鍵介さんお疲れ様です!   あと、お話の続き待ってますので、ゆっくり休んでいってね!!!
  5. かくに:養生なさってください。仕事も忙しいと思いますので本当に。
  6. 管理人:予定外の事象で時間が取れず、ほんの少しの加筆……うう、すいません。明日こそがんばる。 > SINさん お久しぶりです。ほんとイラスト可愛いですよね……つづきはゆっくり毎日書きます。
  7. 管理人:わあもうこんな時間だ……書く時間がないっ。おやすみです…
  8. 管理人:やばい、説教くせぇ。
  9. 鍵介:だんだん話が出来上がってきましたね。2人のやりとりを頭の中で想像してしまいます^^続きゆっくり頑張ってください!
  10. SIN:イイハナシダナー
  11. 管理人:すいません、徹マン明けで今日はどーにも……。 鍵介さん > ありがとうございます。さはらたんのキャラ設定としてこれで合っているのかが若干不安らしいです(笑 SINさん > ありがとうございます。少し言葉が直接すぎるのがアレなんですけどね……うう力不足。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/03/29 02:01 カテゴリ:日常

2010/03/13

宣言!今日から1週間は欠かさず更新する!

最近たるんでる気がするので、キアイを入れる意味で宣言してみました。がんばろう。特にネタが無くても更新はしよう。

というわけで今日は絵ちゃの日です。3/13 21:00からやってます。こちらから「炬燵(POS2)Prototype」ダウンロードして実行して「slime-test部屋(パスワードsla)」にどぞ。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/03/13 18:45 カテゴリ:日常

2010/03/12

鍵介様からジェラさんをいただきました

すらりと描かれたジェラさんが、まさにメイドおぶメイドな風格を漂わせていながら、なんかかわいらしいっ!!そしてスカートから流れ出る粘液……なにをやらかそうとしているのですか!!

こう、中間色の線がすっきりとした印象を持たせるというか……、ああ、もう、なんて言えばいいんだ。とにかくすごく綺麗です。

髪型は……まあ実際元ネタはジャーマネンさんなのですが、設定上みつあみってところしか書いてないので別に気にしないよ!!


  1. 鍵介:髪型大丈夫だったですか^^;あ、うちのブログでは一応アダルトジャンルは載せないことにしていたので、ぎりぎりのところで頑張りました(笑)でも、どろどろになっている部分を塗っているときが一番楽しかったですね。
  2. かくに:鍵介さんはじめまして。俺と角煮と油そばといいます。さらりとした感じで素晴らしいですね。さはらさんとの今後の絡みを期待せずにはいられません。今後ともどうかよろしく。  自分も神棚に献上できるように頑張ろうと思います。
  3. 鍵介:かくにさんどうもはじめまして^^神棚に置かれた数々の絵はすでに拝見させていただきました。素敵です。いろんな意味で。ジェラさんの絵は自分の好きな漫画家さんの絵にあわせて描いてみたら自然とあんな感じになりました。さはらとジェラさんのツーショットも頑張って仕上げていきますので!
  4. 管理人:> 鍵介さん ありがとうございました! どろどろ素晴しいのでこれからもどんどん!そしてサイトに載せられなくなったらウチで掲載するので大丈夫です(笑。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/03/12 02:09 カテゴリ:日常

2010/03/01

もんむす・くえすと!レビュー!!

モンスター娘百覧にて現在全力製作中のもんむす・くえすと!。今回とろとろさんのご好意により特別に体験版をいただいたので、紹介させていただきます。

※今回僕がいただいた体験版はまだ未完成、一般公開できるような状態ではありません。ただ近い将来、体験版が一般配布されるとのことですのでそれをお待ちください。決っしてとろとろさんに催促などしないでください。それへの返信で逆に完成するのが遅れてしまいますよ。

戦闘システム

コマンド選択型の戦闘となっています。ただHPやLvなどの概念もありますが、正直あまり重要ではありません。メッセージを良く見て次のコマンドを選んでいけば良く、プレイ感覚としてはアリスソフトのAmbivalenZ -二律背反-が非常に近いです。

選択できるコマンドには「こうげき」などよくある感じですが、そこに「なすがまま」「こうさん」「おねだり」という謎の異物が混入しています(笑。それを積極的に選択する理由はまったくありません。イリアス様からもする必要はないと言われますが、精液を狙うモン娘たちの攻撃は当然濃厚なエロ。それにセリフによる誘惑……プレイヤー自身がしっかりと意思を保たないとふらふらと「こうさん」を選択したり「おねだり」して好きな攻撃方法で……というか選択せざるを得ない……ッ!! このプレイ感覚、新しいッ!! そして戦闘に負けるとお楽しみが!!

あ、FAQにもありますが、モン娘を殺すということはないようです。倒しても安心ですね。

ストーリ

なんというか……流石というか……キャラが濃いです。体験版というだけあって、僕がプレイしたのは序盤のほんのわずかな部分だけなのですが……アリスフィーズがやたら偉そうだったり(実際すさまじい実力が)、イリアス様の容赦なさも凄いし……。

ストーリーそのものも実に面白そうで。あーこの先早くやりたい、と既に思っているらしいです。

というわけで

とりあえず安心の出来。モン娘百覧が楽しめる人は絶対に買っていい出来かと。……って多分完成はまだまだ先ですが。発売されるでは僕は健康に気をつけて頑張りたいと思います。


  1. :気になって気になって夜もぐっすりな状態だったがこんな風に書かれてるならよりぐっすり眠って発売が待てそうです
  2. 管理人:ぐっすり眠ってください!

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/03/01 19:21 カテゴリ:日常

2010/02/28

リンクページに六菖十菊を追加しました。

知った当初は見辛いサイトだったのですが、文字色が改善し、文章も読みやすくなってきたです。これからにさらなる期待という意味でリンクです。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/02/28 23:03 カテゴリ:日常

2010/02/20

Pixivハック騒動。

超いまさらですが、一応解説しておこうかなとか思います。

今回の騒動にはCSRFと呼ばれる脆弱性が使われました。実は非常に定番となる脆弱性なのでこんな変な略称が付いています。mixiにもありましたしTwitterにもありましたし、確か2chでも昔騒動になった記憶があります。

仕組みとしてはわかってしまえば単純なものです。コメントの投稿のようなWebページへなにかを書きこむときというのは以下の手順になっています。

  1. コメント欄の投稿ボタンが押される
  2. 投稿ボタンに関連付けられたプログラムのURLへ情報が送信される
  3. 情報を受けとったプログラムは書きこみ処理を行う
  4. 結果を表示する

ポイントは2番目。つまり実際に表示されているコメント欄と処理を行うプログラムはまったく別モノで切り離されているというところです。コメント欄は欄を表示するだけ、そして書き込みを行うプログラムは書き込みを行って結果を返すだけです。

ゆえに書き込みを行うプログラムにどうやって情報を送ればいいかさえわかっていれば、コメント欄は別の人間が別のところに作ってしまうことも出来ます。というかコメント欄部分のHTMLソースをコピペして自分のページに貼りつければあら不思議、そのページからもコメントが出来てしまうじゃないですか。そこからちょいちょいっと改造してやれば、そこにアクセスしただけで勝手に適当な文章をコメントするページの出来上がりです。

対策は簡単です。上のものにひとつ手順を加えればいいだけです。

  1. コメント欄の投稿ボタンが押される
  2. 投稿ボタンに関連付けられたプログラムのURLへ情報が送信される
  3. 情報を受けとったプログラムはどこから情報が送られたかチェックする
  4. チェックが通った場合は書きこみ処理を行う
  5. 結果を表示する

つまりこの「どこから情報が送られたかチェックする」が無かったのが今回の脆弱性というわけです。チェックは当然無くても動きますし、誰も攻撃しなければ平和に済む話。ただ最初に書いたようにCSRFというのは非常に有名で、スタンダードな攻撃方法のひとつ。対策していて当然という考え方も出来ますし、みんなやられちゃう部分なんだからしょうがないねということも出来ます。

ちなみにウチのコメント欄は対策していません。理由は面倒だからです(笑。攻撃しちゃやーよ。

あ、あと仕組み上Pixivのアカウント情報はまったく盗まれていないこともわかるかと思います。勝手にコメントが投稿される特殊なコメント欄が書かれたページにアクセスしただけ、です。


で、クラック(ハック)というのはつまり、こういうミスりやすい部分や対策していない部分をついて攻撃を加えることです。しかしま、こういったミスりやすい部分というのは当然みんなに共有されています。面倒がらず事前に対策しておけば攻撃されることはありません。

アレです、指差し確認とかヒヤリ・ハットとかKY訓練とまったく同じ。安全帯しときゃ転落事故は防げるのに面倒だからしてなくってたまたま落ちて死んじゃった、とか、メット被っとけって言ってたのにたまたま被ってなかったところになんか落ちてきて死んじゃった、とか。そういった事故が起きたことを知っているのに、同じ事故は尽きることはない。最新版を使うのがいいとわかっちゃいるんだけど面倒だから、あるいは金銭的理由でやらない。クラックはその隙をついて攻撃するだけ。一度痛い目を見れば対策するので、ある意味で事故を起こしてあげていると言えなくもなく、実際そういう考え方のクラッカーはいます。

ドラマでキーボードかちゃかちゃやるのはその隙を探しているシーン、のはずです。たまーにちゃんとしてるのがあったりして、そういうときはニヤリと出来ます……って僕はほっとんどTV見ないので知りませんが。ブラッディ・マンデイはある程度はちゃんとしてたみたいですが、相手先がクラックされやすい環境へ難易度を落としてあったようです(笑


わかりづらかったかもしれない部分に少し追記をしときました。

あーしかし、今回のPixivの対策は過剰というか多少バグってますね。キャッシュを使われたときのことを考慮してないのかな。普通の状況だってのにコメントエラーが出る可能性があります、っていうかさっき出ました(笑。Pixivの場合リファラチェックだけで十分だろーに……。普通の現場でヘルメットを被ってないのは当然問題ですが、鋼鉄の鎧を着込むのはやりすぎです。とは言え、なかなか加減は難しいですけどね。


  1. 鍵介:プログラミングとかは専門外ですが、なるほど、なんとなく仕組みはわかったような気がします。pixivでもお知らせされてたので、もしかしたら深刻な問題だったのかと思ってたんですが、方法は思っていたよりも単純なものだったんですね。
  2. かくに:グフゥーッ!またしても物凄く解りやすい説明ありがとうございました。手順ひとつ足りないだけでこんなに簡単にやられてしまうんですね。ホントはもっと細かいんでしょうけど。それとドラマでのクラッカーの怪しい行動の謎もようやく解明されて今回もまた一つ賢くなりましたよ!ありがとうございました!!
  3. 管理人:鍵介さん > 実際のところ、世に出るほとんどの脆弱性はわかってしまえば単純なものばかりなんですよ。でもその結果は深刻です。それに今回はコメント欄だったからわかりやすかったですが、もし意図せず1点をつける攻撃だったとしたら発見はおもいっきり遅れたでしょうね……。っていうかちゃんとそこも対策しとけよpixiv。なんとなく未対策な気がするぞ。検証しないけどさ。 かくにさん > 脆弱性なんて漢字で書いてますが、たいがい「チェックひとつ足りない」だけです。マジで。 あとドラマの場合ほとんどは「怪しさの演出」だと思います(笑。ただがーってキーを打ちまくってりゃクラック出来るってわけではないです、はい。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/02/20 00:18 カテゴリ:日常

2010/02/12

白紙のWikiに、とりあえず1ページ……

ジェラさんの若さゆえの過ちを書きました。その場のノリでざっくりなので、読みづらいですが……。そもそもWikiが読みづらいなこれ!!

地味にキャラが定まっていない気もする若ジェラさんですが、まああまり気にしないでください(笑。明日たぶん検尿があるので、念の為こういう形で出すことにしたのだとか、なんとか。

では明日(もう今日だ)の健康診断に備えて寝ます。メタボ判定されないように、会場の病院(片道30kmぐらい)まで自転車で行くつもりだ!!


  1. エアコンな人。:なんという快楽地獄。うらやましい… 知り合いが尿検査でうっかりタンパク質を検出されていました。原因は前日のセルフバーニングとかw スラ様もお気をつけて。
  2. 管理人:た、たぶん大丈夫だったと思う! がまんしたもの!
  3. かくに:うおっ!うぉぉおおっ!なんというすんドめ!いろんな意味で外道過ぎる!若ジェラさんにもこれから更に活躍して頂きたいです!  フフフ…健康診断の結果楽しみにしてますよ…どれだけの項目をレッド・ゾーンにブッ込めるかが社会人としてのステータス。お気をつけて行ってらっさい。
  4. 管理人:視力が右1.5、左0.7とアンバランスな僕の人生を如実に表わしたものに! 右で1.5までいくと左開始時に1.5のレベルから始まるんですが、輪すら見えなかった(笑
  5. 鍵介:うちのさはらも現在設定やらを考え中です。今のところさはらは弱気なスライムさんという位置づけですね。ちょっといけない設定(というか展開)は妄想の中だけで使うことにしてます(笑)
  6. 管理人:弱気なスライム娘だと……!かわいいなぁさはらたん。いじめたくなっちゃいますね。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/02/12 02:01 カテゴリ:日常

2010/02/07

スラ娘Wikiのデータが消えました。

そーっと書きかけのブツを置いたり、地味に便利に使っていたスラ娘Wikiなんですが、データが死んでしまいました。あ、ロゴとかは生きてたのでちゃんと復帰させてます。データが……粘体世紀とかわりと楽しくかいたやつが。

もうアレだ、スライム娘リストを移行する前でよかったと思うようにします。っていうかそう思わないとやってらんない。

というわけで、ちゃんとデータベースのバックアップもしよう、そう心に決めたのでした。今からがんばる。


  1. かくに:うぉぉ…うおああああああ!!!!   もう一度…頑張ってください…  またいつの日か……
  2. エアコン:バックアップ大事。粘体世紀はグーグルのキャッシュで確認出来ますよ~
  3. 管理人:ほんとに、うん、がんばる。とりあえずバックアップは出来たはず。
  4. 管理人:> エアコンさん キャッシュから復活させましたー。情報ありがとうです。
  5. 鍵介:うわ…お気の毒に。なんて言えばいいかわからないですけど、うちもPC壊して初期化しちゃったことがあったので、気持ちはよくわかります
  6. 管理人:> 鍵介さん ありがとうございます。見事に壊れてしまいましたよ……。もう心機一転するしかないですよね。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/02/07 19:55 カテゴリ:日常

2010/02/05

Wikipediaにドロイドの項を作った日。

一日かけてWikipediaの編集。ドロイド一人一人に項を作り、アニメを見直しながら黙々と書いてました。ある程度の満足行くものが出来、なんというか、ひとつ小さな夢を叶えることが出来ました(笑

しかし公の辞書なんだから一人一人を平等な文章量に……と思ってたんですが、気がつくとジャーマネンだけ多めですね。あとやたら持ち上げてますね。あうあう。ウデリングやアツゲッショやニパスも言語はスムーズだったはず。それぞれのファンに怒られそうだ。つーかニパスはなぁ……作画監督が。マジパンにも同じこと言えるけど。彼の回はストーリーも酷い気がするんだけど、絵の演出が稚拙だからなんだろうなぁ……。ジャーマネンさんは安藤さんで本当に良かったよかった。最低限のどろどろがあったもの!! あ、ちゃんとニパスとベルチェのやりとりは押さえといたから、ニパスさんのファンは石を投げないで!! というかどんどん追記しちゃって!!

まあそれはともかく、クリスタルポイントだとかダークパワーだとか、そもそもネメシスとかの解説もこのページに作りたいが、それには漫画版も読まなきゃなー。そこはまたいつか。ま、とりあえずWikipediaに関しては気が済んだので、今度の休みには自分のサイト更新するよ!! したいよ!!


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/02/05 01:41 カテゴリ:日常

Page 11 of 41: « 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 »


作成:スラマイマラス
MSN : slime.haha@hotmail.co.jp (注:ここにメールを送られても読みません)

当サイトは基本的にNYSDLの元で公開されていますが、 引用されている文章、画像などは元の著作権所持者に帰属しますのでご注意ください。

当サイトへのリンクはどのような形(普通のリンク、直リンク、ディープリンク、隠しリンク)であろうとも、歓迎します。

一番上へ