カテゴリ:日常とか。

日常のだらだらした風景

2011/10/29

東京旅行1日め

とゆうわけで、この日記は東京から更新しています。

今回も移動手段は夜行バスとなりました。3列シートのバスにしたんですが、窓側通路側を指定していなかったために、見事、通路側のしかも2F階段付近というひどい席に!階段のせいで足が伸ばせないでやんの。これで同じ運賃とかちょっとひどいと思ったり思わなかったり。まあ指定しなかった僕が全面的に悪い。

さらには、バス乗る前に何を思ったかジンジャエール辛口を買ってしまいやんの。辛口が炭酸強めという意味かと思ったら本当に辛くて喉を潤すどころじゃなくなったとか。

ついでに途中の休憩のときに間違って乗車券を捨ててしまい、降りるときに面倒なことにもなりました。あー。

そんなスタートからひどい状態でありましたが、まあそれでもバスは6時ごろに東京に到着してくれます。

まあでもしかし、やることないです。こんな時間にどうしろと。ホテルのチェックイン14時だっての。

ただ知らない街をだらだら歩くのが好きだったりするので、なんの目的もなくだらだら歩いていたところ、「東京チカラめし」を発見。たしか焼き牛丼とか出してるんだったっけ。せっかくだし食べてみよう、と突撃。チーズ焼き牛丼。うまかった。まじうまかった。でも置いてある水が異常にぬるいでやんの。交換しとけよ……。

そのあとスタバで時間潰しつつ、なんとなく国会図書館へ行くことにしたり。すきです国会図書館。いっぱい雑誌のバックナンバー読めるもの。

で、ジャーマネンさんが登場したあたりのアニメ誌バックナンバーを読んでたのですが、いや、B-CLUBって雑誌がおもしろくて。主にえろくて。赤子の女の子が敵に連れ去られたと思ったら成長洗脳されて敵として出てきて、巨大化させた妖精さんと融合して戦ったかと思うと、生体コアにされて、そいで、えっと。というかなんだよこの漫画。素敵過ぎるよ。収穫でした。

そうこうしてたら時間になったので、ホテルチェックイン。交通がちょっとだけ不便だけど、部屋自体はよいし、なにより安いのが魅力。いまのところなんの問題もないので、また機会があったら使おうと思っている。

荷物をおいて、ちょっと休憩したのち、今日のメインイベント、家系ラーメン食いに一路横浜へ。つーか横浜近辺で宿とればよかったと思ったのは秘密だ。

さて、個人的に横浜ってかなりの都会のイメージだったのですが、始めて降り立った今日、そのイメージは消えました。都会イメージから謎の親近感へ。

で、肝心のラーメンですが、おいしかったです。おいしかったですが、思ったよりはおいしくなかった。というのも横浜出身の方からすげーおいしいということをしきりに聞いていたのでイメージが膨らみすぎていてね……。ラーメンは悪くない。悪かったのは俺だ。食べたのは中島家と寿々喜家。どっちもそれぞれの味があってよかったですよ。

そんなこんなで、2杯ほど食ったら限界きたのでホテルに戻り、しばらくだらっとしたあと覚えてるうちにと思いこれ書いてます。

さて、明日は人間じゃないの開催日です。私はスタッフとして働いてるか、スタッフとしてサボっています。なんかもう服装がいろいろ面倒になってきたのでスーツ姿でいるような気がします。会場でお会いした際はどもよろしくお願いします。


  1. strange:旅はいいですよね。初めて見る景色には言い表せない新鮮さがあります。
  2. 管理人:だらだらと旅するの素敵ですよね。時間とお金の関係上なかなか出来ませんが。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/10/29 00:25 カテゴリ:日常

2011/10/17

たんぱく質がたりない。

3:54あたりから紹介されている超必殺「処罰」がもうエロすぎて……死にそうです。こんばんは。 Part5のExテレポートとかPart4の地雷設置(改善版)とかまじで死ぬ。

しかしまあ、製作者には悪いけど、ジェラさんに脳内変換してしまう。泥を赤くしてメイド服でもう完全にジェラさんのイメージです。取り込み回復とかハァハァするしかない。MUGEN、ここまでできるのか……まあドットアニメとアイデアが素晴しいのが良いんですけどね。

というか1年以上前から制作してたんね。そもそもFateやってないんで桜というキャラを知ったのがつい一昨日だとかそんな感じです。蟲とかエロいね。エロすぎるね。やったほうがいいんかなあ、Fate。


  1. かくに:これはエロい!MUGENて未だにキャラが作られ続けてるんですね。エロ必殺技とかもうたまりません!いつかジェラさん作ってみたいです。是非。これ見るとfateの桜ってエロ担当だったのかと…
  2. 管理人:これのせいで今日は15回以上は……死ぬかもしれんよ俺。 かくにさん > MUGENってDOS時代のゲームだったはずですが、まだ続いてるのが凄いですよね。僕もいつかジェラさんとジャーマネンさんを……(ジャーマネンさん作ってるかたいらっしゃるんですけどね) 桜は、どうなんでしょう。なにせやってないので知りません。ラスボスらしいですけど。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/10/17 21:09 カテゴリ:日常

2011/09/23

サフィールとドロイドの関係ってどんなんだろうなぁという妄想

先日、セーラームーンのミュージカル版(誕生! 暗黒のプリンセス ブラック・レディ〜 【改訂版】)を見る機会に恵まれまして。そのサフィールさんがじつに良いサフィールさんだったので素敵でした。

で、まあそれとはあんまり関係ないのですが、作品ごとに違う顔を見せるサフィールさん、それぞれとドロイドの関係ってどんなんだろーなーとかちょっと考えてみました。とりあえず、最後まで読んでもだれも得しません。

原作(漫画版)のサフィールとドロイド

個人的に漫画版=原作とするのは違和感があるのですが、それはまあ置いといて。

作中で人の心による気紛れを嫌がり、それが無いドロイドを頼ってるってことは、完全にロボットみたいなドロイドだと思われます。アニメのようにやたら個性があるものではなく、画一的で、自分の意思に忠実で、命令はそのままを確実にこなす。それを徹底して作り出したのが「完成版」ヴェネ・アクになるのではないでしょうか。作中ただふわふわと飛んでただけなのはそういう理由なんでしょう。

多分親子関係みたいな感情は持ち合わせないでしょう。信頼はしているんでしょうが、それは僕らが機械に抱くようなものでしょうね。愛情というか、愛着。

で、もしドロイドさんが失敗とかしようものなら、途端に失敗作認定しそうな気がします。ヴェネ・アクだろうが冷酷に処分。そいで「次はここの調整を徹底せねば」とかぶつぶつ言いながら次回作作成開始、みたいな。

アニメのサフィールとドロイド

なんかこう、アニメはアニメでドロイドに対して無関心なような気がします。ドロイドに対し言及しない点、自分の配下にドロイドがいない点がそんな印象を持たせるのかな。脳内兄ばっかりっぽいからかな。よくわかりませんが。

じゃあなんであんなバラエティ豊かなメンツが揃ってるかというと、四姉妹やエスメロードが「こんなドロイドが欲しい」と申請して、サフィはその通りに作ってるのではないかと。ダルクヘンジのごとく。内心では「なんでこんなデザイン……」だとか思ってても、忠実に作ってるだけ。逆に使えるとか思ったらメモってるかもしれず。あとは無茶な仕様要求に頭を抱えてみたり。ジャーマネンとか「なんだよ体を液状に出来るってどうすりゃいいんだ」と実は裏で無茶苦茶苦労して作り出したんだけど、表にはそんなことはおくびにも出さないとか。

ゲーム(GB)のサフィールとドロイド

ここに至って明確に親子関係とか言ってるのがとても素敵。もうね、確実に企画、設計段階からひとりで全部やってると思うんです。企画書とか覗き見してぇー。

企画段階では正面切っての戦闘用じゃなかった娘がほとんどのような気がしないでもないです。風雷鬼はネメシスの天候操作(雨水という形で水生成!)、ニパスが空調というか温度操作(空気薄いと温度差がヤバいので)、アツゲッショが変装担当、ジャーマネンは潜入etc...正面切っていけそうなのダンブルぐらい? そういう用途からマジメに考えてひとりひとりコツコツと作ってるのですよきっと!!

ミュージカルのサフィールとドロイド

とりあえず、ペッツがドロイド作れるのはサフィールに近づくための口実として教えてもらったんだよね、というのは置いといて。

作り出した理由はあくまで移住の手段として、でしょうけど、あきらかに力作っぽいですよね。地球人に成り代わらせるため、地球人より優れたスペックで作り出してるのは確実でしょう。それもマジで。

ただ心を込めたのは、意図したものだったのかがよくわからない。「ドロイドにだって心はある」というセリフは、「本来は無い」という前提があって成り立つような気がします。でもあのサフィール、わざと入れていたとしても不思議じゃないからなぁ。

なんか中途半端な考察になってしまった……。うーん。結局なにが言いたかったかって、GBサフィールが書いたドロイドの企画書見たいよーとかそんな感じ。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/09/23 02:42 カテゴリ:日常

2011/08/30

ひどいめにあった。

もう1週間ぐらい前の話になるのですが。ちょっと書類を書いてもらいに実家に帰り、そこで飯、まあスーパーの寿司を食べました。やたらめったら値引きシールがついてたやつなので嫌な予感がその時点で少しだけあったのですが、まあ味自体はまったく問題なかったのでそのまま食べて、で、自宅に戻りました。

その深夜でしたよ、いきなりすさまじい下痢に襲われたのは。ただそのときは下痢だけで、出したらとりあえず収まったので、そのままもう一度寝たんですね。そして、朝、目が覚めると、いきなり体が重い。重すぎて動かない。頭がぐらぐらして、もうどう考えても発熱してる。そんな状態なのに、腹はおもいっきりいたいもんだから、体をどうにか引き摺って、トイレに入って出す。滝のような下痢。吐き気も強いし、そもそも食欲もない。でもしかし、脱水症状が頭をよぎり、なんとか近く(というか隣)の自販機でポカリを買って、飲んで、寝て。

寝てても背筋がむっちゃいたいので眠れず。ぐにゃぐにゃとベッドの上で悶え。14時ごろに体温計を鞄から出すだけの気力が出たので測ってみると、38.3度。い、医者は……16:30にならないと開かない。そ、それまで寝ている、か……。トイレとベッドと自販機を、体引き摺りながら往復しつつ、というかもうほとんど覚えていないですが。16時ごろになんとか家を出て、死にそうになりながら近くのコンビニでお金おろして、医者まで歩いて……。点滴2本打たれました。ちなみに僕は血管が出難いタチなので、いつもロクでもないところに針を差されるのですが、今回は肘の内側でした。「肘曲げると針がエラいことになるので、のばしたままにしといてくださいねー」って、おおうい。まあ次の日には37.6度あたりまでおちついたのですが、さすがに会社は休みました。座ってるだけで精一杯だったもの。

なんで今頃こんなん書いてるかというと、さきほどついに固いうんこが出たからです。やったー!!

で、みんなも食あたりには注意ですぜ。味も匂いも普通だったんだぜ……


  1. かくに:食中毒って本当に怖いですよね。色も臭いも味も異常を感じない状態でそれですもんね。やっぱり値引きの理由はちゃんとあるんスね。無事に乗り切れて良かったですよ。もう本当に。
  2. strange:体を壊してしまうと辛いですよね。お大事に。
  3. 管理人:ほんと、なんとか無事に生き残ったという感じです。味と匂いだけに頼るのはダメだということを体で学びました。げっそり。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/08/30 09:34 カテゴリ:日常

2011/08/15

ジャーマネンさんの日ですが

特にネタも用意してなかったので、昨日の絵ちゃの一幕でも貼っときます。

23:32:05 CHAT (スラ) えーもっと広々と触手広がってんじゃないのー
23:32:24 CHAT (デルフィ) いや、登ってた塔が実は下半身でした、みたいな。
23:32:24 CHAT (スラ) 体内てきダンジョン抜けて!
23:32:33 CHAT (スラ) それか!それならいける!
23:45:20 CHAT (スラ) 塔を登りきり、ぼこすか戦闘をするも塔自体からエネルギーを補給できる彼女は無敵。が、しかし、
主人公の荷物にあったなにかを見て彼女はとたんに怯えだす。それこそは彼女を滅ぼす天敵ウイルスだったのだ。「許して
もうしないから」と懇願する彼女。選択肢があらわれ……
23:46:58 CHAT (スラ) 許すを選択するとそのまま塔は残る。そしてさらに先のイベントでヒロインが病にかかってしまう。
彼女の協力が必要だということでまた塔を登る主人公。彼女はいう、この病原菌は強力で、私自身が寄生してあげなければ
到底治すことはできないのだと。というところまで妄想した。
23:48:04 CHAT (デルフィ) わっふるわっふる。
23:48:15 CHAT (デルフィ) あとそれはマキナさん辺りにも声をかけよう。
23:53:00 CHAT (スラ) 「いいよ…‥わたし、彼女を受けいれる。生きてあなたといっしょにいたいもの。それに、彼女、これ
いじょう一人にできない」力を振りしぼり、そう言葉を紡ぐヒロイン。主人公は「お願いします」そう言うと、ヒロインを
彼女へと差し出した。「ヒロイン以外はここから出ていって」ひとばらいされた屋上に、彼女とヒロイン。ヒロインは服を
脱がされ、彼女へ抱きよせられると、そこから長い、長いキスがはじまった。
23:53:56 CHAT (デルフィ) 本当に書いてたw
23:54:45 CHAT (XXXXXXXX) スラさん開始のお知らせ
23:55:50 CHAT (スラ) 主人公は下の階で触手の脈動が変化したことに気付く。そして、徐々に弱々しくかれていく。それを
無言で見ながらただ祈る主人公。しかしそこに横槍が入る。敵4天王かなんかの一人。彼女の処分に来たのだと、彼は言う。
そして密かに病原菌をうえつけたのも自分なんだと。怒りに燃え、剣を取る主人公。だがしかし、敵は一人で戦うにはあま
りに強大だった。
23:57:34 CHAT (デルフィ) 6ターンくらい耐えるイベントですね解ります。
00:00:38 CHAT (スラ) もはやここまでか、そう思った瞬間だった。鞭のようななにかが、主人公を引きよせたのは。気がつ
けば、主人公はヒロインに抱かれていた。かりりと、胸に痛みが走る。ヒロインの爪が主人公の胸を傷つけ、そこから暖か
いものが注がれる。力が、漲ってくる。
00:04:36 CHAT (スラ) 「まだ、無理はしないで」そう言葉をかけると、ヒロインは主人公の前にたった。「まさか……!」顔
色を変えたのは敵だ。「さあ、私の大切なひとを傷つけたあなたには、どんな毒を与えようかしら」麟とした声は確かにヒ
ロインのもの。だがそこからの踏み込みは、あきらかに人外のもの。彼女は瞬時に敵の前に立つと、ばりりと胸を引っかい
た。
00:06:35 CHAT (スラ) 「すぐに戻れば、命は助かるかもね?」「くっ」敵はすぐさま退却をしていった。そして残るは主人
公とヒロイン。が……「君はもしかして」「あ、そうね。うん。流石に私は疲れたわ。あとはよろしく」とひとことだけ語る
と、目を閉じ、そしてヒロインが纏っていた空気は、あの暖かいものになっていた。
00:07:14 CHAT (スラ) 本気だすとフロア全体とかに広げたりとかできるようにしよう。うへへ。
00:07:33 CHAT (XXXXXXXX) text素敵だわー!
00:08:26 CHAT (スラ) わりとグロくない普通の話になったのはなぜだ。
00:08:38 CHAT (デルフィ) とりあえずいつものスラさんで安心した。
00:09:06 CHAT (XXXXXXXX) この手の絵はスラさんに一筆貰って投稿したいですな。

絵はでるさん。素敵なネタをいつもありがとうです > 参加者の皆様


  1. SIN:お久しぶりでござい。  素晴らしいお話本当にご馳走様でした
  2. 管理人:いえいえ、雑な部分が多いアレですがありがとうございます。なによりデルさんの絵が素敵ですので!

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/08/15 22:16 カテゴリ:日常

2011/08/11

なんとかここまで生きのびた……

という安心感から、徐々にサイフの紐が緩んでいるスラですこんばんは。うわああああ。

8月ですが、気がつけばなにひとつできていません……。なにしてたんだ俺。がっかりだ。カレーばっかりだ!! カレーばっかりはもう嫌だ!!

というかついったでばかり妄想たれながしてるので、ログを取ることにしました。あと最近書いた分をまとめてみました。なんというか、ひどいですね(笑

書きはじめの一歩を踏みだすのがおっそい僕は、気軽にはじめられてしまうついったにどうしても投下してしまいがちなようです。さっぱりです。

なんかしらいろいろやりたいことはあるのですが……。なんかこんなんばっかですね、とくに今年は。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/08/11 00:20 カテゴリ:日常

2011/07/14

時間が早い。

管理者見習いとしてのおべんきょうをしつつ、普通の業務もこなさないといけないので、わりと大変なスラですこんばんは。

そしていろいろあってお金もない。まあ主に無駄遣いですけど! そんなわけで精神的に余裕がないらしく、エロ妄想まで止まってしまっているという昨今。やばい、やばいよ俺!あーなんかねーいろいろがっかりしたりとかしたしねー。なかなかツボにはまるエロ展開ってないんだよなー。

ピングドラムは面白そうですよね。エロとか関係なく。

まあそんなかんじで。そのうちカッときたりするだろう待ち。


  1. かくに:勉強しなきゃならんとなると忙しいうえに真剣にやらんとならないから余計に…お疲れ様です。時間は作るものって言うけど厳しいッスよね。あと気力。気が付くと週末で月曜とかそんな感じですかね。
  2. 管理人:気がつくと月が半分終わってるとか、同じ雑誌2冊買ったとか、そんな感じです。あー。
  3. アルティ・エストランス:大変デスねぇ……そういやツイッターの方でも聞いたかもしれませんが、スラさんこんなの知ってます?パッと見、スラさんの好みに合いそうな感じデスが。ttp://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ065142.html
  4. 管理人:知ってますし聴きました。得にコメントはありません。
  5. :もしスライム娘がしゃべるときに語尾に付けるとたらどんな響きのがいいでしょう?思いついたのはぷにかぷるんです
  6. 管理人:んー、スライム娘の語尾というよりは、スライム娘Aさんの語尾という感じにしたいです。スライム娘さんみんながぷにぷにぷるんぷるん語尾につけてたら煩いですもの。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/07/14 19:11 カテゴリ:日常

2011/07/01

今年はもう半分すぎた。

どういうことだよ。

実は新サーバー機を衝動買いしてしまい、現在すでにWebサイトについては新サーバーにて運用しております。

今回導入したのは、これ。巷では「鼻毛鯖」と呼ばれているExpress5800/S70 タイプRBです。なんと、19800円。って僕が買ったときについてなかったクーポンが!

これ、むちゃくちゃ良いです。びっくりするほど静かですし(冷蔵庫やエアコンのがうるさいぐらい)、中が広々としていてメンテがしやすいですし、なおかつPentium G6950とそれなりのパワーもあるし。サーバー機なので使ってる部品も少し良質なものである可能性ありますし。PCIEx16もついてるのでVGAカードも拡張でき、簡単に普通のPCになります。

私的にはもう1台欲しい。そのもう一台をメインのデスクトップマシンにしたい。そのぐらい素敵です。

OSなどがついておらず、自分で最初から設定しなければならないのがネックですが、このマシン、バカ売れしているので少しぐぐれば簡単にやりかたがみつかります。すこし自信がある方ならぜひ。

まあそういうわけで、私的にはこうふんしております。なんか動かないところとか見付けたら教えてください。あ、wikiに変な警告が出てるのは知ってます。なおす方法がわからないのでいまのところほうちぷれいちゅうです。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/07/01 01:12 カテゴリ:日常

2011/06/19

なんかブログっぽくなりました。

以前からのご要望にお答えし、過去記事とかを辿れるようになりました。年ごとの閲覧がなんか壊れてますが、まあ、いいや。

そして恥かしい文とかも出てきたので俺としては腹を切りたいです。いまだに恥ずかしいなのか恥かしいなのか恥しいなのかわかりません。

カテゴリはわりと適当です。妄想のところにSSを入れるようにしてるのですが、たまに日常のとこにも入っちゃったりして。気付いた分は修正しましたが、まだあるかも。

せっかくの休みなのにいろいろあって家にいないといけなくなってます。まあ、僕インドア派だからどっちにせよ外出しないけどな!!


  1. かくに:なんと仕事の速いことか…。しかも凄い見やすいしかなり古い記事まで読めるしでありがたいです。かれこれ6年目になるんですね~。過去の書き込み見たら悶絶したくなるけどそれもブログの面白さかもしれませんね。休日は自宅待機って凄くもったいない気がする。だがそれがいい…と思う。
  2. 管理人:6年もやってたとか自分でもびっくりだ。まあ前から少しずつ調べたりしていたんですが、今回それがようやく日の目を見ました。あとは妄想だけ全体リストが欲しいなーとかなんとか。考えてみよう。
  3. 管理人:てす

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/06/19 11:12 カテゴリ:日常

2011/06/16

なんてこった。

すっかり月イチ更新になっているこのサイト、皆様おげんきでしょうか。私はネタだけは出てくるんだけど文章にする気力が出ない毎日です。というかついったーで吐きちらしててごめんなさい。もったいないね!!

あとCoD:Boばっかやっててごめんなさい。もったいないね(時間が)!!

ついでに最近はカルシウムが足りない感じです。いろいろうまくいかない。

まあそういう気持になってるときは、だいたいまず自分が良い方向を見ていないときなので、こう、なんか、がんばろう。


  1. かくに:形にするのは時間がかかるし手間もかかるからどうしても後回しにしちゃいますよね~。そういえば過去に書いてたジェラさんのSSってのはどこかに保管されていないんでしょうか?
  2. 管理人:辿れるようにしてみましたー

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/06/16 02:24 カテゴリ:日常

Page 6 of 41: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 »


作成:スラマイマラス
MSN : slime.haha@hotmail.co.jp (注:ここにメールを送られても読みません)

当サイトは基本的にNYSDLの元で公開されていますが、 引用されている文章、画像などは元の著作権所持者に帰属しますのでご注意ください。

当サイトへのリンクはどのような形(普通のリンク、直リンク、ディープリンク、隠しリンク)であろうとも、歓迎します。

一番上へ