カテゴリ:感想

感想っていうか、適当に書いているけど。

2009/01/27



[幻妖閣さんとこ]珍しい材料

あーアレか、材料に「新鮮な男性の精子」とかあったら引くとか、そういう感覚ですか、ナイアさんにとっては。と、唐突に納得できたスラです、こんばんは。久しぶりの更新おつかれさまです。

そしてまさかの二度目の脱皮ネタ。僕だけが脱皮パートナー。作中の歯形にも通じるこの独占感ッ!! しかも手慣れてるとか実にエロい。わかる、わかりすぎるッ!! そりゃモノもおっ勃つってなもんですよ。

というかさ、印付けたい気持がむっちゃわかるんだよなぁ…。やー、しょうがない、しょうがないってば。だからもっとやれ。


  1. なしれ:恥ずかしげもなく2度目の脱皮ネタを出してしまったなしれです。こんb(ry これだけ共感してもらえれば万々歳です。ありがとうございますー。 
  2. 管理人:好きなことは何度出してもいい! 僕だって何度同化ネタとかやってるかわからないし……恥ずかしがらず何百回と脱皮してください、マジで。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/27 23:44 カテゴリ:感想 » nashire

2009/01/23

こぐまレンサ 完全版

超入手困難(特に2巻)となっていたこぐまレンサが完全版となってまさかの復刊。知るひとぞ知る漫画だと思うのですが、良いモノですよ、これは。

「こぐま」という謎の少女を巡る物語。始めは彼女が絡んだ一話完結のショートストーリが展開されますが、あるとき、唐突に大きな流れが提示されます。そしてショートストーリーも結局はそこへレンサしてゆくことが提示され、『「こぐま」とは何者なのか』という結論へむけ、急速に物語は収束してゆき……見事なカタルシスを感じることが出来ます。

が、実はそこまでだとまだ半分。密かにもうひとつ仕掛けがしてあって、そこに気付くとまた一つやられたと思います。そして『「こぐま」とは何者なのか』という疑問点に戻ってくる……。正直、恐ろしいまでの計算だと思います。

一話完結の話のひとつひとつもよく出来ていて、それ単品として見てもかなり面白いです。「ビルを愛してしまった少年」の話は、私的にもいろいろ考えさせられます。まあこのへんは「すべてに射矢ガール」のときもそうだったので、ロクニシコージ先生の本領発揮という感じではあります。

まあとにかく、面白い漫画なので是非。


  1. :フラジールGET報告
  2. 管理人:僕もGETしましたよ! ちなみにWiiはGetしていません(笑
  3. 名無し:おお!是非Wiiも(*゚∀゚)かなり良いゲームですぜ。紹介ありがとうございました~
  4. 管理人:うう、やっぱりWii買ったほうがいいのかな……いつか絶対やる気で今はサントラのみ楽しんでいます……。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/23 16:07 カテゴリ:感想 » etc

2009/01/21



[妖精とかサキュバスとかさんとこ]ラミア教師と委員長

膝あたりで蛇体になってるのが好きなスラです、こんばんは。恐らく初めて真剣に見たラミアさんが某3x3 Eyesの12巻の彼女だったからですけど、なんか綺麗に揃えられた太股にエロを感じます。あ、ジャーマネンさんも基本そうですからね……。

さて、ラミア種は、男女合わせて約4万人に衝撃を受けつつ読み進めたわけですが。や、まあ、考えてみれば当然の話ですね、男のラミア。

なんかやたら理屈っぽい告白がすごくわかります。や、不安になるとなんとか理論にして納得して安心したいのです。自分も心当たりがあるだけに(笑

裸のロールミーがエロいですね……。暖かいとか…やーえちい!! というか丁寧なロール描写にロールミーのエロさを再発見。うーん、うまいなぁ。

ともかく、委員長、かわいすぎる。そして頑張れ委員長。4万人もいるんだ!! きっといいラミアさんが君の前に現れるさ。


  1. oniki:お礼を言いそびれてましたけど、コミックアライブのメローナさん情報サンキュー! わざわざ本屋まで買いに行っちゃったよ! さてラミアさんも書いた事だし、次は……スライム娘だ!
  2. 管理人:メローナ情報お役に立てたようで幸いです。話の展開上、次回はどう考えても呑みこまれor体内侵入→宝玉破壊だと思ってます。 次はスライム娘ですかっ! 楽しみにするしかありません。 うひひ。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/21 10:25 カテゴリ:感想 » oniki

2009/01/19



[妖精とかサキュバスとかさんとこ]世界をのぞむ歌唄い (初ヶ瀬マキナ)

吟遊詩人の旅の一幕。さらりとした読後感が良い感じ。ラムジーク可愛いなぁ。

とまあそれよりも、Overture 『Joy!』、聞こえた、確かに聞こえた気がするよ。ギターのような『タクト・ダクト』の音色とリュートのタップ、そしてシャンテの声。私的には聖剣3のラビの森の曲(Powell)っぽい感じだったのですが…。もしかして実在の曲だったりするんだろうか。んーしかしこの表現はいいなぁ。

とかく場面情景がいい感じにうかんできました。酒場のとあるヒトコマ。雰囲気良かったです。


  1. 初ヶ瀬マキナ:完全に自作です。曲イメージ的にはBrazilian Anthemですかね。そもそもスキャットの音って、母音と子音が分かれていない平仮名や片仮名だと表しづらいんですよ。あと『タクト・ダクト』の音……っつか弦楽器の音も、普通のジャン、とかキュイン、とかトゥルトゥル、とか使いたくなかったりして。だからあんな感じで実験してみたのですが……聞こえてきたのなら幸いです。
  2. 管理人:ギタドラの曲ですか。あそこまで激しい曲だったのですね。ちょっとイメージ違ってました(笑。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/19 10:49 カテゴリ:感想 » oniki

2009/01/13



[魔界の古本屋さんとこ]ずぶり 其の八 分裂

悪党グループによくあること。しかしようやく世界観というか目的も見えてきて、話も盛り上ってきました。ずぶりさんに呑まれると消えちゃうのか…うーん、究極の選択ですね。

あと地獄行き=輪廻転生ってことは、頭の名前は未だ出てきていませんけどきっとあのひとでしょうから……頭は地獄行きほぼ確定ですね(笑

しかしずぶりさんは山賊のこと可愛らしいって言ってますけど、でも僕から見れば「拒まれてしまいました……」ってずぶりさんがとても可愛らしいのですが!! なんかこうしゅんとしてる感じが。


  1. SIN:>>ずぶりさんがとても可愛らしいのですが!! なんかこうしゅんとしてる感じが。
  2. SIN:すみません・・・。間違えて送信してしまいました・・・。    上の続き:なんだか落ち込んでいる女性にきゅんと来るのは自分だけでしょうか?
  3. 管理人:わかります、わかりすぎて一緒に酒を呑みたい気分です。酒場でぐったりしてる女性にもきゅんときます。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/13 19:32 カテゴリ:感想 » r_k

2009/01/04



[魔界の古本屋さんとこ]ずぶり 其の七 愉悦と拒絶

ずぶりさんの意外な弱点発覚!! うーん、なんて素直なんだずぶりさん。やばいよ、ほんとに嫁に欲しくなるよ。

つまり本当に男の夢の具現化なのですね…。そこまで願わない限りは身を滅ぼすことはない。でも、人間、ずぶずぶと嵌って沈みこんで抜けられなくなるのが当然で…。

というか強い心さえ持っていれば理想の嫁であり続けてくれるって、考えてみれば普通の日本むかしばなしですね。


  1. :ずぶりさんいいよずぶりさん。呑み込まれてぇ……。
  2. 管理人:ずぶりさんずぶりさん。実にステキ世界だと思うんですけどねぇ。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/04 13:38 カテゴリ:感想 » r_k

2009/01/03



[クロネビガさんとこのエロ魔物娘図鑑内]濡れる洞窟、とろける愛 / ストレンジさん

どう紹介しようか悩んだ末にこんなんで。

ビバ!! スライム同化!! くそう、大好物だ!!

ちょっと変わっちゃった感じのフィナがもうね、エロすぎてたまりません。同化ステキ!! 一部をキスで飲ませてとか、もう…サイコーじゃないか!!

うーん、しかし、これ、いいなぁ。森の中に定住で終わりになってるけど、仲間の娘たちが自立していく話とかも面白そうだよなぁ…。仲間(同化)した影響でグレイへの好意も移ったようだし、スライムに振り回されている現状から、身体に馴染んでいくに従って人間としての自我が戻ってきて自立していくとか…。っていうか村の娘たちを襲うところもエロかったんだろうなぁ…。


  1. SIN:幼馴染、スライム娘、同化・・・最高ですね!!
  2. 管理人:最高ですよ!最高なんですよ!
  3. :スライムに同化……そして周りも巻き込んで……王道で好きだな、この作品。
  4. 管理人:やはりスライムといえば同化は外せませんね。王道です。
  5. 無題:初めましてです。突然ですが、この作品は読んだことありますか? ttp://marie.saiin.net/~mcharem/mclog/SSD19_651.htm

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/03 01:26 カテゴリ:感想 » monster-zukan



[百覧アナザー]PANDORA Collapse 一話/二話

元ネタの2は面白くなかったので読んでいなかったのですが…。やばい、こっちの2はちゃんと面白い。

一体どうなるのか、まったく読めません。非道なPANDORAは本当の意味で攻略されるのか…? というか銀置き場だったんかい。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/03 01:05 カテゴリ:感想 » hyakuran_another

2009/01/02



[Makinawayさんとこ]享楽の宴、その裏側で

ブロックスの立場がいまいち把握できませんでした。や、もちろん正体はわかりましたが…サーカス団に追加報酬を請求しているから彼らの護衛…? と同時に祭の主催者? うーん。

ん、まて、団長のスライムベスの名前…。マネマネ(DQの)からだと思ったら…

ノアとガラの会話が良いですね。バケモノという線で見るのか、それともノアという線で見るのか…

祭を壊すやつらにゃ容赦しねぇ。助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!! な感じの皆様でしたね。しかしその活躍は影に隠れ…と。「箱入り娘と〜」でも触れましたがカッコイイよ、マトリケィジ!!…真鳥刑事?


  1. 初ヶ瀬マキナ:プチネタばらし。マトシケィジとリトナールは戦国BASARAのキャラの、一つは三人の名前をくっつけて、もう一つはフルネームをそれっぽく変えた物だったりします。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/02 16:32 カテゴリ:感想 » makina



[Makinawayさんとこ]箱入り娘と博物館目録/ジョイレイン博物館にて

あーもー、ユキかわいいなぁユキ!! ユキの告白にもうぐっと、ぐっときてしまいました。ああもう、こういうラブストーリーはいいなぁと気がつけば2009初泣き。ちなみに初笑いはonikiさんとこの短編。

「箱入り〜」の最後のシーンの意味がわかりませんでしたが、「ジョンレイン〜」を読んでようやく納得。なるほど、交換条件だったんですね。結局博物館従業員として現在も働いているということなのでしょうか。

あ、「享楽の宴〜」にも出てきますがマトシケィジ、いいキャラですね。でもクロスさんシリーズ、流石に登場人物が増えてきて把握しきれてない自分が…。3人以上の登場人物というか固有名詞は覚えられない身体なのです…(僕のSSにて人物名がある程度適当だったり狭い範囲にしているのはそういう理由)。


  1. 初ヶ瀬マキナ:主催者として企画も予算も出して、根幹をしっかりと成立させてから後は運営委員の裁量に任せたりとかやってますね。段取りもアクシデント対応も羊皮紙に纏めて。あと報酬の請求は『依頼』としての確認のつもりですね。少なくとも彼らは「ボランティアでは何もやらない」ですし、やるならばそれなりの条件をつけるでしょうし、逃げるならそれなりの罰を用意するでしょうし。少なくともマトシケィジは自分の一番理想的な(現実じゃ出来ない)男像のつもりだったりして。だって……男なら憧れません?こんな破天荒キャラに。あとスライムベスの名前はスラさんの予想の通りですよ。ついでに言うと、団長の名前を逆さから読んでみると……?
  2. 管理人:あー!そうか! 主催者:マトシケィジ-->サーカス:クマ-->荷物運搬:ブロックス-->運搬護衛:ガラって依頼の流れだから別に不自然じゃないですね…! 何故か主催者もブロックスがやっていると思いこんでいたので、依頼の流れが、アレ?と混乱してました。 >>団長の名前 つ、つられクマー!! クマツラ(熊面)……レってなんだ?とか一生懸命考えてました(笑
  3. 初ヶ瀬マキナ:ネタバラシその弐。伝説の正体はこちらから。ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3375631
  4. 管理人:ちょ、なんて息の合ったコンビ(笑

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/01/02 16:11 カテゴリ:感想 » makina

Page 9 of 47: « 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 »


作成:スラマイマラス
MSN : slime.haha@hotmail.co.jp (注:ここにメールを送られても読みません)

当サイトは基本的にNYSDLの元で公開されていますが、 引用されている文章、画像などは元の著作権所持者に帰属しますのでご注意ください。

当サイトへのリンクはどのような形(普通のリンク、直リンク、ディープリンク、隠しリンク)であろうとも、歓迎します。

一番上へ