カテゴリ:感想

感想っていうか、適当に書いているけど。

2009/08/03



[魔界の古本屋さんとこ]ガールズ イン ア ボトル Part7:正体と目的と

シャンブロウきちゃった!! むしろ「正体と元ネタと」では……。

ランデル教授の「素晴しい!!」に思いっきり同意してしまったりなんとか。サティはなんか可愛いですね。

逆にコットンはロクでもない目に合ってる感じ。結局助けに来たほうがむしろ酷い目に合ってます……。意識失なっちゃいましたが、どうなることやら。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/08/03 15:30 カテゴリ:感想 » r_k

2009/07/29



[魔界の古本屋さんとこ]ガールズ イン ア ボトル Part6

気がつけばPart6まで来てしまってました……。

Part1の文明存在確率とかの話が純粋に面白いなあとか思ったり。そういえば私、ランデル教授は日本で講義してると漠然と思ってましたが、今回の吉貝教授の紹介に日本校って付いてるのを見てようやく外国在住だと気付いたとか。考えてみりゃエミも「留学」となっていました。まあそんなことより「赤いガラスでできた悪魔の像」について詳しく(笑

ランデル教授の見てるのは……夢、なのかな? 逃げだしたりする他者が出てきたりするあたりで他の4人とは違う雰囲気が。

他の4人の状況もよくわからない。彼らが会ってるのはミイラではないようだけど……。うーん。

なんにせよおっぱいから粘液で全身粘膜で触れあって、解けあって、内側からも……。脳味噌まで食われちゃったみたいだけど、それでも羨ましいぞパパーウ。

しかし、ジャムの話につながるし、話の流れからしても、これ発見されずにダム作られちゃってたら大惨事だったんじゃないか。……まあ、それでもダムは作られてしまうかもですが。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/07/29 00:06 カテゴリ:感想 » r_k

2009/07/24



[モンスター娘百覧さんとこ]淫魔大戦 序 『妖魔の城』〜『淫魔大戦』

早ッ!! そして思ったよりボリュームが!! ほんの少しの小ネタだと思ってたら……

ついに明かされた須藤啓の過去。うわーい思いもよらなかったよ。伏線はちょこちょこあったってのに。モン娘百覧の中でもダントツの愛されキャラ、須藤くんの明日はどっちだ。

さらに明かされるHウイルスの意外な出自。なるほど、ネメシアとジェシアの性質がある程度似てるのもこれで納得。J細胞をなにに使うつもりなのか。アレクサンドラさん、意外と女王にこだわってるみたいだしなぁ……。1352年は現実だと黒死病(ペスト)の大流行が落ちついてきた時期にあたるようですが、6500万年前に誰も反応がないところを見ると現実とは違う歴史を辿っていると見たほうがいいのかな。そもそも淫魔がいるしなぁ。

さらにまさかの九条さつき復活。そう、考えてみれば妖魔の城は植物成分が足りなかった!! これで勝てる。

そんなコトでプライドがどーのこーの気にしなければいけないんだったら、私は上級淫魔じゃなくていいですとメリアヴィスタが言ってるのと同じころ、魔界では私が持つのは、主君マルガレーテの従者であるという誇りのみ。魔界貴族の誇りなど、私には無縁です――とエミリアが。なんだかんだ似てるのか、この二人。

まあそんなこんなでのーてんきなだけだったメリアヴィスタの株は急上昇し、肝心なときに居なかったりいー加減な封印のウェステンラの株下がりまくり。仮の体だから戦力としてはメリアヴィスタのが上だけど、知能派としては深山優やアレクサンドラのが上っぽい気がするけど、がんばれウェステンラ!! 知識として一番アテになる(ハズだ)し、啓は君を必要としているさ。たぶん。

というかネメシアさんの留守番は、ちゃんと出来たってことなのだろうか……。意外と自我もあるのですね。しかし便利だな。状況によっていろんな方々を出すだけでなく、力を他に与えることまで出来るとは。

そしてマルガレーテさん、既に解説役が板についちゃってるよ!! 本編でも大戦という状況が複雑になりそうな場をうまくまとめて解説お願いします。……あれ、もしかして、妹は主人公チームの現状の解説役してくれるだろうし、姉妹そろって解説役……?

よく考えてみれば、マルガレーテさんにやる気なくとも、あのとき招待されて命からがら生きのびた妖魔貴族さんはやる気あるだろうからなぁ。軍勢が集まるのも当然の帰結か。

さてさて、既に「淫魔大戦」の人気投票の項目が出来あがってます。こうして見ると登場人物多いな……。というか「須藤白夜」まで項目が。まあ妖魔の城にゲオルグさんもいますし、ちょっとでも出た方々は作成されるって方針なんでしょうけど、本編に登場したらびっくりですね。『関西最強の手品師、オーロラ鈴木』とか名乗って。


  1. 名無し:白夜もゲオルグもなんだかんだで生きてそうな気がします。白夜は死亡確認されてなさそうですしゲオルグも実は仮死状態で生きてたとか。 後、啓には是非元に戻ってもらいたいです。
  2. 十二屋月蝕:2006年からの二年半に及ぶ大長編が終わったと思ったら、即座に傑作を予感させる序章。なんといいますか、私がちまちま書いている長編がショボく見えるほどすばらしいです。文才とアイデアに嫉妬します。まあ、そんなこと言っている暇があったら書けという話なんですけどね。あーあ、羨ましくて悔しくて楽しみだ!
  3. 管理人:>>名無しさん 流石にそれはなさそうな気がしますけど……。須藤くんには元に戻るというよりはちゃんと乗り越えていただきたい。 >>十二屋さん 考えてみれば2006年からだったんですね……。すさまじい。継続しなきゃなぁ、やっぱり、うん!
  4. アルティ・エストランス:ううむ、新たな設定が次々と……これは辻褄を合せるのが大変だなぁ……(主に私が)
  5. :淫魔大戦更新まだかな

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/07/24 12:43 カテゴリ:感想 » torotoro

2009/07/22



[モンスター娘百覧さんとこ]『妖魔の城』最終章・エピローグ

良い意味で予想を裏切られまくりのラストでした。当たったのは「最終的に妖魔の城は崩壊する」ぐらいなものですよ。

沙亜羅……適応早いな……。アレクサンドラもわりとポンポン表に出てこれるようになってますね。この女王、もうやだ。には思いっきりウケました。が、私的にはちゃんと正解したルートも見てみたいというか。だってこのままだと深山優ヒドい目に合うだけだものかわいそうアルよ!! ちゃんとツンデレ2号みたくご褒美もらってもいいじゃん、とかなんとか。でも沙亜羅があんなだからマトモな姉妹どんぶり期待できそうにないよな……

まさかのネメシア生き残り。というかネメシアの中ルートは素晴しすぎです。みんな元気そう(?)でなによりでした。支配者ってネメシアの人格ってことなのだろうか、それともHウイルスのことか、アレクサンドラという可能性も……。そしてこの生命力、実験生物に適してそうで……アレクサンドラのいいおもちゃに出来そうな気が。メンバー全員中に取り込んでもらって潜入とかそんな能力付加しちゃったらいろいろ便利すぎそうです。ネメシアさんにさらなる進化を期待。

須藤啓とウェステンラの絆もこれからどうなることやら。なんだかんだしっかり相思相愛な気がする二人ですが、須藤がこんな人生歩むことになったきっかけにウェステンラは関わってそうな感じで、そもそもウェステンラが生み出した仮想世界で須藤の故郷と親を見せることが出来たということは、彼女は故郷や親のことを知っていた……? 重いものを背負う須藤がバッドエンド以外でもろもろから開放されるのはいつの日か……。

エピローグのおもいっきりやる気のないマルガレーテもウケた。次回作ではどういう立場になるのやら。まあ6500万年前といえば、アレですけんねぇ。

次回作もわくわくしながら読む他ないような感じです。わくわく。


  1. かくに:いたれりつくせりの分岐とEND、各主人公のその後もしっかりフォロー、エピローグで次回の期待をがっつり膨らませるときたもんだ。本当に素晴らしい!ちゃんと纏めてオチつけたってのが何より凄いですね  って感想は向こうでちゃんと書けよとか・・・  そんな事ないアルよ
  2. アルティ・エストランス:須藤啓の故郷や親については、啓が見た昔の夢から読み取ったんじゃないデスかね?まあ村の名前を聞いた時の反応から、何か関わりがあるのは確かでしょうが……あの話もその内暇を見つけてかかないとなぁ……
  3. 管理人:>>かくにさん 世界観を破綻させず、うまく風呂敷広げつつ、読者の期待に良い意味で応え……まさにエンターテインメント! >>アルティさん 淫魔大戦プロローグが公開されましたが、ウェステンラ本人は関わってなかったようですね。やーまた間違えちゃった。
  4. Nio:闇落ち須藤君がんばってほしい

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/07/22 20:37 カテゴリ:感想 » torotoro

2009/06/21



[モンスター娘百覧さんとこ]『妖魔の城』第八話

まさかの登場に赤いスライム吹いた。っていうか、1F,地下が閉鎖状態だってのにどこに避難させてるんだ。……やっぱあそこか。体内か。

しかし掲示板の女王七淫魔に参入してからも「堕粘姫」の通り名が残るケースってのを読んだとき、ジェシア以前は誰が七淫魔に居たのかってふとピンときた僕は遅すぎるんだろうけど……。女王七淫魔って、当然のごとく代替わりするわけですね。その時代、時代で女王七淫魔は微妙に違う、と。今は肩書ないキャラでも百八姫に格上げされる可能性はあるし、七淫魔の座から陥落する可能性だって、きっと、ある。つまりいずれは僕等の女王アレクサンドラ様が女王七淫魔に降臨するってことだよ!!

さらりとエミリアに通り名が無い理由っぽい話題も。まさかそうくるとは。あとネメシアはどーなるんだ。もしかして……

次回最終話か……。始まりの終わり、になりそうな予感。


  1. 名無し:先にこちらを読んでた筈なのに不覚にも・・・!
  2. かくに:まさかここで登場とは・・・if
  3. かくに:ifの世界があっても良いですよね?我々の方でやっても構いませんよね?
  4. 管理人:でもせっかく本編に出していただけたのだし、ifではなくうまいこと本編と矛盾ないようにやりたいですね。というわけで最終回待ち。VS本気ネメシアとか、どうしたものでしょうか。ふふふ。
  5. アルティ・エストランス:私のはジェラが出てきた時点で本編と矛盾してるからなぁ……他の部分はできるだけつじつまを合わせるつもりだけど。
  6. 管理人:いや、アルティさんのは、なんか、それ以前の時点でいろいろ矛盾してる気がするよ! もうあなざーわーるどでいいじゃん!
  7. 5.アルティ・エストランス:それ以前の時点で矛盾って……たとえば?
  8. 管理人:マルガレーテとエミリアの関係性や性格が違うとかいろいろあるのですが、女王七淫魔という数が限定され、かつあのサイトの世界観で重要な位置を占める設定に自身のキャラを紛れこませるのは確実に矛盾を招くかと。
  9. アルティ・エストランス:ふむ……まあ関係性についてはある程度修正が可能ですが、性格は……ねぇ?まあマルガレーテの性格がちょっぴり変わってるようにみえるのは、あくまで村正にペースを乱された結果ということで。女王七淫魔に関しては……既に紹介されている六名とオリキャラ一名という事になるでしょうね。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/06/21 19:32 カテゴリ:感想 » torotoro

2009/06/19



[魔界の古本屋さんとこ]第六話 童 5.転生

つまりその山は、男の精気を使って春が来るわけですね!! って、なんて生臭そうな山……。

しかし、ま、男のほうも行くところまで行ってしまったか……。「山に魅入られたんです」って書くとカッコイイけど、実際には違うからなぁ。不純。雪童側としては、変なのに懐かれちゃったなぁ、ってとこなんだろうか。いや、こんな変なのがコイツだけなわけがない。きっと冬に入るころにはふもとの里に若い男が集まって「あなたも雪童に?」「はい、私もです」とか……甍岳、二重の意味で危険だ……ッ!!

次回は……、つ、繋がるの、か。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/06/19 23:09 カテゴリ:感想 » r_k

2009/06/13



[ぷかりん庫さんとこ]どろりん娘さん

やはりここは「どろりんこ」と読むのが正解なのでしょうか。かわいいよ、かわいいよ。このまま覆いかぶさってきて包まれて同化したいよ。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/06/13 01:17 カテゴリ:感想 » pukao

2009/06/10



[Makinawayさんとこ]肉の塔・その後

続編、だと……ッ!!

ごはんになったあと、娘化とか、こいつ得しっぱなしじゃないか!! どうしてくれよう、どうしてくれようか!!

触手絡めて顔を赤らめるとか、その中を卵が通っていくのが気持ち良さそうとか、もうね。ほんと、かわいいですよ、うん。

それでいて、しあわせにしてあげるですよ。しあわーせー。読んだひとがとりあえずしあわせー。っていうか卵くださーい。輸卵管舐めまわしてあげたい。

そして卵が送りこまれ、娘となった彼女が最初にしあわせにするのは、自分自身なのですよ。まず自分がしあわせでないと人はしあわせには出来ないですからッ!! このやさしく呑みこんでゆく過程がとても素晴しい。くぷん、て!!

そして娘になったあとも頑張ってください。ママに褒められるように、しあわせを伝えるために。


  1. 初ヶ瀬マキナ:得って言いましてもこの子の精神、既に完全に蕩けてますからね……。彼女の卵が持つ精神が、蕩けて溶けた精神の残滓を繋いだのがあの子供な訳で。でもまぁしあわせだから良いか。とりあえず輸卵管素敵だよ輸卵管。
  2. 管理人:つまり娘となった彼女はばらばらになった精神を子宮の中で溶かしてつないで再構成して同化したわけですか! て書くとなんか得したようにしか思えないんですが。 輸卵管素敵。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/06/10 22:16 カテゴリ:感想 » makina



[魔界の古本屋さんとこ]???物語 第六話 童 4.誘う声

だめだこいつ、早くなんとかしないと。

しかしロリからお姉さまへ、見事に育てあげようとしている……。まあ確実に逃れられないのは確かですが。でも死なないようには手加減するんですね……。大事には思ってないんだろうけど、食料兼ペット扱い? あと1人どこいってしまったのか。

それはともかく、自分の精で育てるとか、なんか、エロいです。まあ、そんな話ではないのですが。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/06/10 21:57 カテゴリ:感想 » r_k

2009/05/29

[投影さんとこ]スライムだー

久しぶりの人外さんに喜んだ!! スライムに吸われたい!! ラブラブになるときは心は人間、体は異形でいいのです。で、異形であることに共なう生活習慣とかの違いに萌えてみたり。食うか食われるかもアリですけど。

というか最近の絵なんだろなーとか思ってたらぞんでのひとの新作のだったのですね。出てたの知らなかったよ。とりあえず体験版やってみるよ。


  1. 管理人:と思ったらwineで動かなかったよ。むー。
  2. ストレンジ:異形の体になってしまっても、人の心のままで想い変わらずラブラブな生活っていいですよね! 寿命や種族の差を超えて添い遂げるべく、魔物(娘)さんに同族にされるとか……でも大切な人の心までは変えないとか!
  3. 管理人:そうそう、それですよ! 地味に価値観とか変わってんですけど、でも、愛されてるんですよ! あーかわいいなー。
  4. アルティ・エストランス:それはそうと、こんなものを見つけたんデスが……スラさんこのキャラが出てくるゲーム、プレイしたことあります?ttp://www30.atwiki.jp/niconicomugen/?cmd=word&word=%E6%B2%99%E8%80%B6&type=normal&page=%E6%B2%99%E8%80%B6
  5. 管理人:沙耶じゃないですか。好きですよ、沙耶。肉のほうも。
  6. SIN:ふしゅる、ふしゅる~♪     沙耶の歌やりたいな・・・。 そういえば、あれは手塚治虫の『火の鳥』が元らしいですよ。   沙耶は可愛いよ!!
  7. 管理人:元にしたというか、作中で似たシチュエーションだと触れられてるのが「火の鳥 復活編」ですね。こちらも面白いので是非読んでみてくださいな。沙耶はかわいいよ!
  8. 初ヶ瀬マキナ:ニコmugenではドラゴンに次ぐ出演量の沙耶ですか。あの投げに萌えたのが自分以外にも多数いそうな気が。(出演量次点:アナザーブラッド)
  9. アルティ・エストランス:おや、マキナさんもMUGENをご存じでしたか♪
  10. SIN:MUGENは、とりあえずDIOとPADIOが素晴らしい。
  11. アルティ・エストランス:私なら、ジェネラルとルガール、あと豪鬼デスかね……ジェネラルにアステカとゴンザレスを加えたチームカイザーナックルとかもありデスが。
  12. 名無し:スライム娘さんと同居生活をしたらいつの間にか食べられていました。とか普通にありそうで困る。スライム娘さんはこちらをパートナーとして認めてくれるのだろうか
  13. 管理人:MUGENの話題にはついていけない管理人です! >名無しさん そこでギブアンドテイク。私的にはスライムさんは可変構造のために自分だけでは快感を感じない→神経接続してパートナーの快感を自分も共有! とか。 そこまでアタマがあるのかということは気にしないぜ。
  14. 名無し:なるほど、イチャイチャしたくなったら「合体して~」と近づいてくるんですね。想像したら鼻血出かけた。危ない危ない。個人的にスライム娘さんは本能(食欲や性欲)に関しては頭が働くと思ってます。性欲があるかなんて気にしない(ry
  15. 管理人:一緒に気持ち良くなろうよー。ですよ。スラ娘さんのオナニーに付きあわされてると思ってはいけない。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/05/29 14:47 カテゴリ:感想 » un_do

Page 6 of 47: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 »


作成:スラマイマラス
MSN : slime.haha@hotmail.co.jp (注:ここにメールを送られても読みません)

当サイトは基本的にNYSDLの元で公開されていますが、 引用されている文章、画像などは元の著作権所持者に帰属しますのでご注意ください。

当サイトへのリンクはどのような形(普通のリンク、直リンク、ディープリンク、隠しリンク)であろうとも、歓迎します。

一番上へ