カテゴリ:感想

感想っていうか、適当に書いているけど。

2009/05/29



[魔界の古本屋さんとこ]???物語 第六話 童 2.目覚め

写真まで……。今回はR.Kさんの実話だったのか。

雪童本人は暖かいのか……。人肌っていうか幼女肌で温めてもらえるとか、ちくしょう、いい思いしてるじゃないか!! しかもちっちゃなシュラフの中にぎゅうぎゅう幼女詰めでそのままエロいこととか、くそう!! 俺と変われ!!


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/05/29 13:56 カテゴリ:感想 » r_k

2009/05/16



[魔界の古本屋さんとこ]???物語 第六話 童 1.迷

あれ、またナンバリング飛んでる。

登場から何故また大荷物でラジオ番組の収録きてんねんとか思いましたが……ただのロリコン山男だー!!

いや、まあ、でも男ならどうしてもまずそこに目がいくか、うん。「ただのロリコン山男」のレッテルを貼るのはこの後の展開を見てからにしよう。

……っていうかそもそも山慣れしてないから山男ってところが違う……か? となるとただのロリコン男?


  1. R.K:第三話はずぶりさんといろいろかぶっていて、第五話は最後をどう落とすか最後が検討中なので……
  2. 管理人:なるほど、プロットがある分でナンバーが飛んでるのですね。三話、楽しそう……。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/05/16 21:34 カテゴリ:感想 » r_k

2009/05/10



[魔界の古本屋さんとこ]ずぶり 其の二十六 終劇

頭、ついに陥落!! そして終わってしまった……。なんか、山賊さんが一方的にいい思いしただけな気がする……。

結局救いの神ってことになってしまうのかな、ずぶりさんは。被害者も被害が無かったことになっちゃうわけだし、加害者も地獄行きが助かるわけだし。悪人にだけ門を開くという現状が維持されているのであれば、まったく問題ない気がしてしまうのは、僕が駄目なんだろうか。

ただ維持できなくなった場合は大変なことになりそうですが。溢れ出ちゃったらなんでもかんでも、悪人は地獄行きかわいそう、善人も悪人の被害にあってかわいそうで、恐らくみんな飲みこんじゃうでしょうし。誰も止められないでしょう、うん。だから本編ではあんなだけど、実際には約束地蔵も大変なんだろうなぁ。地蔵光線で日々がんばってずぶりさんを押さえて……。

というわけで、約束地蔵さんに幸あれ!! おつかれさまでしたー。


  1. R.K:ずぶりさんがソフトで、地蔵様がハードになる設定でありましたが……ただ凶暴になっただけの様な気が。 夜中にずりずりとやってくる「血に飢えた仕返し地蔵」とか……
  2. 管理人:血に飢えたって……。明くる日の朝には地蔵が血に染まってるんですかッ!そんな伝承が伝わる村がイヤすぎます(笑
  3. 初ヶ瀬マキナ:と言うより、この感想を読んで、「ああ、地上に出ちゃったのがうちの神様なんだ」と思ってしまいました。そりゃ大変ですわ。全部飲み込んじゃうんですもん。
  4. 管理人:あー確かに共通点多いですね……。全部ひとつに!

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/05/10 19:59 カテゴリ:感想 » r_k

2009/05/01



[Makinawayさんとこ]肉の塔

胎児のようになにも考えず、ただ、快感に身を任せる。まあ、究極の依存ですよね。衣食住、5感、睡眠と排泄と快感、全て彼女が与えてくれる。自分が足やって入院したとき、排泄は完全に他者へ依存してしまっていたわけですが、それだけでもろもろが削られていく感覚があった。かなりヤバかった。こんなんやられて自意識なんて保てるわけがないとおもうよ!!

そうして意思が溶かされてゆき、やがてひとつになってしまう。そんなわけでごはんになる方はわりと悲惨な運命なのかなと思っていたのですが、しかしこうやって読むとぜんぜんそんなことはなかったぜ(笑!!

でも多分彼はもう意思も蕩けきっているから、特別な卵を産みつけて新たな意思を付加してもらわなければ、そこから出ることは出来ないのだろう。うーん、怖いよおねーさん!!…って原案僕だ。

ストレンジさんのもそうでしたが、こう、自分の思ってない展開が出てきてとても面白かったです。…こんどは「娘」の話でも書くかなぁ…。


  1. 初ヶ瀬マキナ:mixiの方に書いたように、実は(間に合わせとはいえ)スラさんへの誕生日プレゼントのつもりなのですよ。なので……気に入っていただけたようで幸いです。
  2. 管理人:誕生日プレゼントありがとうございます! ああ、肉の搭、行きたい…

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/05/01 02:00 カテゴリ:感想 » makina

2009/04/29



[魔界の古本屋さんとこ]ずぶり 其の二十三 残りし者

ご近所からの更新キター!! 僕はT市、もしくはC市在住。

三平いいなぁ。マジでいいなぁ。手に取られたかと思いきや口にかわり、抱きしめれば呑みこまれ……。二人に包みこまれて消えてゆく。あーくそ、うらやましいいい。

三蔵もステキじゃないですか。ずぶりさんの秘所はどこでも射かせられるのか…ッ!! そんなものに包まれて耐えられたらすごいよなぁ。うーん、やっぱりずぶりさんウチに来てください。

頭は、それでも拒むのかなぁ…。最早アレを切らなきゃ脱出無理な気がするけど。


  1. R.K:いつも感想ありがとうございます。A県には違いないのですが…日本最北の県の方で、更新した日には満開の桜に雪が積もっていました。
  2. 管理人:あ、そっちのA県の存在を忘れてました…。失礼しました。桜に雪とは、なかなか乙な光景です。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/04/29 23:09 カテゴリ:感想 » r_k

2009/04/23



[妖精とかサキュバスとかさんとこ]海辺のゆとり 4(完).GTSノスタルジア

というかインデックスページすげぇぇぇええ!! この世界の香りを感じる絵はヤバいです。夏の空が美しすぎる。これ、もう、普通にこの絵表紙にして売ろうぜ、とかそう思いますよ……。

個人的にonikiさんの抜群なところって、読後感が素晴しいことだと思うのです。すごく幸せで前向きな気持ちになれるんですね。正直いって、これは誰にでも出来る仕事ではないと僕は思っています。

で、今回も見事な終わりっぷりというか、なんというか。心が晴れて気持ち良いです。めいこも、ユウスケも変わっているのをみて、元気になったのです。そして、ああそうか、花か、と。

そして、ゆとりはそこまで行ってしまっていたのだなぁ、と。これ以上ない、本当のオンリーワンはそこまで行かざるを得なかったのか。…めいこと同じで、僕にもそれが幸せなのかわからなかったけど、でも、凄い。ジャイアントだ。…あれ?

まあとにかく、心の中にある「落ちこんだ時に読みたい作品リスト」の中に入れました。短編でここまで元気になれるんだもの!!


  1. oniki:感想いつも有難うございます! 何だか今回は、ようやく「小説」と呼べるようなものが書けたような気がします。ところでXBOX360で、しかも「ドライブいきてー。」な気分なら、「Test Drive Unlimited」がいいかも。すぐ飽きるかもですが、ドライブ気分に浸れますよー。そして誕生日オメ!
  2. 管理人:どもどもー。ようやく小説、ですか…。レベル高いッ! でも今回は万人におすすめできるモノになっていると思います! 「Test Drive Unlimited」なかなか面白そうですね。紹介見ていてアウトランがやりたくなったのは秘密です。ってそういえばフリーウェアまだ読んでないや。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/04/23 21:22 カテゴリ:感想 » oniki



[モンスター娘百覧さんとこ]妖魔の城 第七話

僕らの女王様がまさかの、それでいて期待を裏切らない再登場!! なんて生殺しな引きなんだ。次回が、次回が…待てねー!!

しかし「溶かしてあげるね、優――」がここで使われるとは。や、超満足ですけど。淫魔化沙亜羅は僕らのアイドルだと思います!! というわけで次回体を戻されたあと沙亜羅はどういう意識になるのかも楽しみ。自覚しないのか、するのか。どきどき。

俺のほうも「何してんだコイツら」と思わせつつ、まさかの人物が…。あと2話でオチつくのだろうか。っていうかメリアヴィスタ、こんなだったのか…。ネメシア含めるとやな関係図が出来あがるなぁ…。


  1. :いつもスラさんには新着チェッカ代わりにお世話になってますw そんなわけで古いのはともかく、新しいエントリのリンク先は是非新しいところ(mon110)にして欲しいっす
  2. 管理人:わお、ご指摘ありがとうございます。早速修正させていただきました。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/04/23 19:55 カテゴリ:感想 » torotoro



[魔界の古本屋さんとこ]ずぶり 其の二十二 禁断の門

門というにはあまりにエロすぎる。ああ、向こう側に行きたい。液状ずぶりさんに絡みつかれて連れこまれる三太さんと一緒に…。

門の前で佇む着物ずぶりさんもエロい。怪しい魅力が…。

というかここまできても未だにある程度抵抗している頭スゲェよ。その精神力をもってすれば、山賊以外の道もあったよーな気がするよ。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/04/23 19:41 カテゴリ:感想 » r_k

2009/04/14



[魔界の古本屋さんとこ]ずぶり 其の二十一 底なしの……

あーステキ展開、ジャイガンスティック!! そしてやっぱり末路だった(笑

留まれば足の下が溶け出すって、アイスかソフトクリームか雪か。影からずぶりさんがにょろーんと出てもこれたりしちゃうんだろうか。流石に無理か。

臍の尾ならぬイチモツの尾。中から絶頂感とか流石ずぶりさん。半分溶けたずぶりさんください!!


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/04/14 00:50 カテゴリ:感想 » r_k

2009/04/06



[妖精とかサキュバスとかさんとこ]海辺のゆとり 3.私がこの夏きのこるには

「ゆっとりしていってね!!」とかふと思いうかんでしまったのはおいておいて。

あー、やばい、いい話だ。ふと上を見上げて、「ああ空って、こんな色だったんだな」と思いだしたときのような、そんな気分にさせてくれました。いいなぁ、無の夏。きのこりたい。

しかし…おふろシーンえろいなぁ。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2009/04/06 23:51 カテゴリ:感想 » oniki

Page 7 of 47: « 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 »


作成:スラマイマラス
MSN : slime.haha@hotmail.co.jp (注:ここにメールを送られても読みません)

当サイトは基本的にNYSDLの元で公開されていますが、 引用されている文章、画像などは元の著作権所持者に帰属しますのでご注意ください。

当サイトへのリンクはどのような形(普通のリンク、直リンク、ディープリンク、隠しリンク)であろうとも、歓迎します。

一番上へ