メインへ飛ぶ。

スライム娘好きのチラシの裏

スライム娘促進運動をそこはかとなく。

更新履歴という名の管理人のひとりごと

2011/02/12

おわったー!!

いやもちろんダメな意味ではなく。

急に入ったヘルプの仕事から開放されました。まあこれはこれで楽しかったですけどね。でもお助けどころかボスに風邪をうつしちゃいましたけどね。次の日ボスが医者いってみたらインフルと診断されてエラいことになっちゃいましたけどね。いや僕がうつしたのは風邪のはずですよ?熱もあんまり出なかったし、鼻水と喉だけだったし。まあ僕は忙しかったので病院いってないんですけど。

でも来年から予防接種は必ず受けることにします。年末年始のはヤバかったし。

それはそれとして、魔法少女プリティ☆ベルが面白かったです。まあ「すごいボディービルダーが魔法少女になって筋肉美を披露しながら魔法で敵と和解する」という一発ネタな話、であったはずなのにその後の展開がわりかしちゃんと出来ているという……。

まあ作中に登場するスライム娘のショゴスさんのために買ったんですが、それ以上に良いものでした。4巻以降も継続購入決定。あ、ショゴスさんが人食いする場面もあるよ! 体をぱっくり変形させてひとくちでばくり、もぐもぐ。某魔法少女アニメの今話題のアレに近い感じですが、捕食するのがスライム娘であればそれはもうエロだとおもいます。僕だけですか。そのショゴスさんが人間娘さんと融合してライバル魔法少女が出るような感じなので、うふふ。あ、あとイタカさんもエロくて素敵。

あ、あと一緒に弱虫ペダルも3巻まで買ったんですが、非常にアツくて面白かったので、給料出たら既刊ぜんぶ買います。うん、自転車は良い。ほんと、ママチャリしか乗ったことないひとは一度乗ってみるといいと思う。いや作中にあるとおり、「これが自転車か?」って思うから。本当に。

そういうわけで、えっと、ジャーマネンさん大好き。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/02/12 00:51 カテゴリ:日常

2011/02/09

気がついたら。

なんか時間ばっか過ぎてる……。急の仕事でてんてこまいになってました。とりあえず、生きてます。


  1. かくに:スラさんの業界というか会社は忙しいのがずーっと続いてるんですね。このご時世良い事なんでしょうけどお疲れ様です。
  2. 管理人:とりあえずこの仕事は今週でケリがつく予定なので、その後はまた余裕ができるはず。はず。どっかでリフレッシュしたい……

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/02/09 17:04 カテゴリ:日常

2011/01/30



[魔界の古本屋さんとこ]いそぎんちゃく 15

全力で、エロい。

中で中にいて中から破裂して中に包まれて中で逝くとかもう、ね。しかも赤ですからね。もう大満足ですよ、この回。これで明日からも生きていける!!


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/01/30 22:04 カテゴリ:感想 » r_k

2011/01/21

ゆっくり慣らしていってね!

そんな感じの仕事状況なスラです、こんばんは。こちらの更新頻度を上げようよ、俺。

発行元なハズの堕落事故調査委員会さんでは未だ告知がありませんが、とらのあなで堕落の金曜が発売されてます。今回はヴィーナスさんがゲル化同化しちゃうのもあってなかなかステキ。ゲル妖魔自体はピンク色の身体に若草色の双眸で会場が占い館と、ジャーマネンさんモデルっぽいのに、最後まで明言はされず。っていうか3編全部そうなのですが、相手側からの意思疎通がまったく無いんですよね……。敵側のセリフが無い。突然襲われて、翻弄されてるうちに、体が妖魔に変わってきてしまう、と。3つとも同じパターンで、なんかこう、もの足りないです。たぶん嗜好が違うんだろうなぁ……。

もうひとつ。魔物娘図鑑も届きました。タイトル金箔とか、ちゃんと表紙カバーになってるとか、どう考えても同人誌じゃないよこれ(笑。まあ全100体を改めて見ますと、新たな発見とか、再度の認識とかありますね。サイクロプスさんかわいいとか、サイクロプスさんかわいいとか、スライムさんエロすぎとか、ゴーストさんかわいいとか、つぼまじんかわいいとか、サイクロプスさんかわいいとか。新規追加のモン娘たちも実にステキです。というか追加分、ぼくのツボにことごとくヒットしてるんですが……あー、一応名前は出さないどこう。あ、魔王勝利後の世界についてもフォローが入ってまして、私的には安心しました。

では、おっぱい。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/01/21 23:01 カテゴリ:日常

2011/01/15



[魔界の古本屋さんとこ]いそぎんちゃく 13.ミルク

ヤバいぐらいエロかったので久しぶりにこの形式で。

いや、ドツボの展開でした。群体、不定形、同化、吸収。素敵すぎではないですか。海の不思議、すごい。

というかトラジマさん、かわってください。マジで。


  1. R.K:お気に召していただき幸いです。 トラジマだけにタイガーマスクからの贈り物と言うことで。
  2. 管理人:こ、ここで時事ネタだと……! 素敵おくりものありがとうございます!

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/01/15 22:35 カテゴリ:感想 » r_k

あといちにち!

いろいろ苦しめられた今の仕事も、ようやく明日で最後の一日。いやほー。

魔の色時代のダイアリーが委託されたので早速予約しましたよ。いやほー。わくわく。

そんなこんなの15日。明日は大荒れの天気らしいですが、僕の心は春模様です。すいません。


名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/01/15 22:33 カテゴリ:日常

2011/01/01

あけましておめでとうございます。

年末おもいっきり風邪ひいてぶっ倒れてましたが、少し症状おちついたので更新。

昨年は職場と生活環境の変化にふり回されて、ほとんどこっちに手がつけられませんでした。っていうかまだ引越しの荷物整理してねぇよ。まいったね。

今年はといいますと、2月にまた大きな変化がありまして、そこから先は今より精神的な負荷が少ない仕事になる予定です。だからもう少し更新できるようになるはず……。

Vanadisさんのおかげか、冬コミではモン娘本が多く出て、クロスさんとこの本も即完売するなど、いよいよ1ジャンルとして定着しつつあるようです。魔物娘図鑑は既に予約済みなのですが、魔の色時代のダイアリーはどうしたものか。委託、しますよね?しますよね?

あと今年はいよいよもんむすくえすとも発売されますね。楽しみ楽しみ。

というわけで、今年もジャーマネンさんをよろしくお願いします。


  1. かくに:あけましておめでとうございます。モン娘関連の本やゲームもチラホラ出始めてきてこの界隈も段々と人が増えてきているみたいですね。風邪ひいたりいろいろ私生活も大変みたいですがぜひ今年もよろしくお願いします。
  2. SIN:あけましておめでとうございます!  今年も頑張ってください!!
  3. 管理人:> かくにさん : ことよろ! まさかこんなに人が増えることになろうとは。時代ってのはかわるものです。 > SINさん : ことよろ! 今年こそもう少し頑張ります。
  4. R.K:あけまして、おめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。
  5. R.K:あけまして、おめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。
  6. 管理人:> R.Kさん 今年もよろしくお願いします。
  7. ストレンジ:いまさらながらあけましておめでとうございます。今年もどうかよろしくお願いします。(魔の色時代のダイアリー通販委託しました。)
  8. 管理人:あけましたおめでとうございます! そしてなんという朗報!速攻予約してきました。ありがとうございます。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2011/01/01 08:30 カテゴリ:日常

2010/12/24

ジェラさん月間(その2)

もう月間でいいや。

「ふう……」

「彼」の記憶を最後まで読み取った私の口から、思わず、溜息が出てしまう。
黒く濁り腐敗した記憶の数々、特に麻酔なしがデフォルトな手術の数々を見せられれば、いくら私でも溜息が出てしまう。
知らぬ間に改造される恐怖と、身を焼かれる苦痛を与えたつもりだったが、それですら不足だったかもしれない。
すぐさま胃を蠕動させ、私の中にある脳をすり潰した。
これで「彼」はこの世から完全に消えたことになる。
技術だけを、私に残して。

だがこの技術もなかなかの曲者だった。
麻酔、輸血なし。というより施術中に死ぬことを前提としていた。
脳死に至り、改造で体のみをまた動くように復活させる。
魂が消えてまっさらの脳に、単純な命令だけを書きこみ、兵隊とする。
その結果があの怪人たちというわけだ。
生気が感じられない目で、ロボットのような動きしかせず、簡単に倒すことが出来たのはそういう理由だった。
人としての力を奪って改造したところで、強くなるはずもないでしょうに。

ただ私なら、この技術を使いこなせる。
麻酔も輸血も必要ない環境……つまり、私の体内で施術をすればいいのだ。
溶かすような快楽があれば、麻酔の必要はない。私の体で止血をすれば、輸血も必要ない。
これまで私には他者をスライム化させることしか出来なかったが、これで望む姿に変えることが出来る。
淫魔因子を持つ人間をスムーズに独り立ちさせるには、意外に使える技術だった。

そして、早速その技術を使わねばならないようだった。
今、手術台で横になっている彼女に、どうやら淫魔化する因子があるようだった。
「彼」の最高傑作、かつ初の女性被験者として内部組織から選出された彼女。
「さらに組織に役立つようになれる」と、彼女自身も喜んでその身を捧げていた。
その彼女に淫魔の資質があるのは、ただの偶然。
彼にはそういった知識はなかったし、選出理由にもなかった。
ゆえに、このまま改造を行っていたならば……肉体的ショックから人としての死が引き起こされ、本能だけの低級な淫魔として覚醒し、目の前の「彼」を押し倒していたことだろう。
そうなる前に「彼」の知識を回収出来たのだから、今日の私は意外にツイてるのかもしれない。

「……ん、んん……」
彼女が目覚めようとしている。「彼」の記憶どおりの時間だ。
もし予定通りであれば、この時間は当然施術中であったはずだ。
しかし、「彼」はそういう男であった。
……いや最早「彼」についてどうこう考えるのはやめよう。
私が今、しなければならないこと。
まず、彼女に施術を行うことだ。
「彼」の計画であった蜂女などではなく、もっと淫靡で、淫魔らしい、それでいて彼女にあったもの。
この答え、恐らくは、彼女の深層心理を覗くのが良いのだろう。
そう決めた私は、早速彼女へと近付いていった。

横になっている彼女の両頬へと手を添え、撫でる。
彼女の暖かいそれは、適度な張りと弾力を備えていた。
そのまま、私は手を両耳へと伸ばしていく。
皮膚から少しだけ私の一部を分泌し、それを潤滑油にして耳朶を指先で舐め回す。
やわらかい耳朶は、流石に淫魔の因子を持つだけあって、それだけでほのかなかわいらしさを感じさせる。
そこへ私の赤い粘液を塗りつけ、汚してゆく。妙な背徳感。
このまま、全てを私で汚して……、と、込み上げてきた黒い欲望を、首を振ってあわてて抑えこむ。
いけないいけない、今やることは、この娘を綺麗にしながら、繋がることだ。
私は塗りつけた自分の体で、彼女の垢などを食べていく。もっと綺麗にしてあげたい。そう思考を切りかえる。
そう、垢だけでなく、もっと体の奥まで、綺麗に……
それと同時に、粘液でどろどろになった私の人差し指を、ゆっくりと彼女の耳穴へ入れていく。
もちろん耳垢も綺麗に取りさりながら、ぬるぬるの指先を、奥へ奥へと進めてゆく。
少し、彼女の息が荒くなってきた。まだ夢の中で、しかしこの快感は伝わっているのだろう。
私はそのまま指を溶かし、耳の奥から脳へと接続した。

音も映像も使わない、電気信号での直接のやりとり。
裸の彼女の心を隅々まで読みとってゆく。
彼女のいちばん好きなところ、いちばん感じるところ。
三つ編みを手へと変え、彼女が好きなところ、丸い二つの乳房へと伸ばす。
白い乳房に、赤くどろどろと溶けかかった手が乗せられる。
そのままきゅうっと搾るように揉み上げる。1回、2回、3回。
さらにやわらかな乳房へ、私自身を塗りつけるように撫で回す。
にちゃ、にちゅ、ぐちゅ。音を立てながら、白い乳房を赤く汚してゆく。

脳に接続してのやりとりは便利な面もあるが、実は不便なところもある。
相手の感覚や感情が自分自身のものと同じようにダイレクトに伝わってしまうということだ。
特にこういった快感についてはその傾向が強い。
つまり……目の前の乳房を汚すたび、私の胸もが熱くなってくるのだ。
もっと、もっと、熱くなりたくなるのだ。

「ということは、あなたも、熱く、きもちよくなりたいのよね…?」

私の、いや、彼女の欲望の赴くままに、私は刺激を増やしていく。
ぺろりと舌を出すと、そのままずるるっと伸ばし、彼女の唇を舐め回す。
ほんの少し開いた隙間に舌を押しこみ、彼女の口内を蹂躙する。
ああ、でもこの程度ではまったく足りない。
喉の奥へとさらに突っこみ、食道を、胃を、肺を舐め回す。
痛みなど、とうの昔にカットしてある。
彼女に伝わるのは、ぬるぬると肺の奥まで洗浄される快感と、そして今私が感じている征服感だけだ。

「くすくす、きもちいいでしょう? もっと、もっと綺麗にしてあげますからね……」

胸へと自身を塗りつけていた三つ編みを一旦、引く。
舌も、脳からも手を離し、そして「私」が望んでいるままのカタチを、三つ編みへと伝える。
三つ編みはそれに応え、むくり、むくりと大きく膨らみ、1mはあろうかという赤く巨大な”手”へと変わってゆく。

ジェラさん。作;俺と角煮と油そば様
「ふふ、私が体の奥の奥、毛穴の奥、目の裏、爪の裏、血管の中、細胞のひとつひとつ、そしてもちろんその濡れている中まで、綺麗にして差しあげますわ。この、手で」

心と体が高なってゆく。
新たな”仲間”を歓迎するかのように、私の”中”までも暴れはじめた。メイド服の内側がぐにゅぐにゅと波を打ちはじめた。
ヒトにはありえない不可思議な波を服の内側に走らせながら、大きな手を広げ、笑みを浮べるメイド。
彼女にすれば恐怖を感ずる光景であったかもしれないが、私が与えた快楽の余韻からか、呆然としているだけだった。

その反応に私は満足した。
既にこの娘は私の虜。
これから私が行うことに純粋なフィードバックを返してくれることだろう。
そしてその快感はまた私に伝わり、そうして意識がとろけてひとつになっていくのだ。
大きな手は幾つもの粘液の橋を作りながら、彼女の上半身を掬い上げた。

たったのそれだけで、彼女はびくびくと体を震わせていた。
まあ、それはそうだろう。既に手には大量の舌が現われ、ぺろぺろと彼女を味わっているのだから。
「ほら、汗腺の奥まで舐められるきもちはどうですか? うふふ、貴方の奥の汚れも、溢れる汗も、とっても美味しいです」
そう、私は彼女をまず「綺麗」にするためにこうしている。
だから彼女にくっついている汚れは、ぜんぶ美味しい。
垢も、汗も、お腹の中にこびりついてるものも、肺の中のよごれも。
そしてなにより、思考のノイズも美味しい。苦痛や、不安や、悲しみも、ぜんぶ、ぜんぶ食べてゆく。
もっと楽しめるように。もっときもちよくなれるように。

そうして、純粋な彼女だけが残される。
「きもちいい?」
「……はい……」
わたしの問いに彼女は熱っぽく答えた。
「もっと、きもちよくなりたい?」
「……はい……でも」
「でも?」
「なにかが、足りない気がします……きもちいいけど、どこかにすきまがある……」

ノイズを食べたことで、彼女は心まで綺麗になっていた。
それは彼女の奥で眠っていた純真で、真っ直ぐで、嘘のないものが蘇る。
それは同時に淫魔としての彼女が目を覚ましていく。

そうだ。私は思い出した、目的を。
彼女を私に取りこむのではない。彼女を立派に淫魔とするのだ。
そのために入手した技術もあるではないか。
「私としたことが、あまりに美味しそうだからって……」
かりかりと、頭を掻いた。

「どんなすきまなの?」
「わからない。でも、埋めてほしい」
「わからないと埋められないわ。ちゃんと、イメージしてみて」

暫く沈黙が続く。
私はやさしく揉み拉きながら彼女の返事を待った。

「……よくわからない。でも、とりあえずやってみる」

とりあえず……。
その言葉に一抹の不安を抱きながら、私は彼女のイメージを読んでいく。
始めはもやもやと霧がかかった画像だったが、だんだんと形作られてゆく。

「…………」

作られていく、が。作られそうなのだ、が。
蛇のような形になってはまたもやになり、蜘蛛のような形になってはまたもやになり、ハーピーのような……
固まらない。ずいぶんと時間が経つがさっぱり固まらない。

「いっそのこと、スライムはどう? どんなカタチにもなれるけど?」
「……それも、すこしちがう……」

……どうしよう。
まさかの展開だった。

そんな私の「困った」という思考が、彼女にも伝わったのか。
彼女の考えが私に飛んでくる。

「ねぇ、せっかくだし、ゆっくり考えたいの……いい方法、ない?」

……しかた、ありませんね。
正直なところ、あまりここに長居していたくもない。
家ではご主人が待っているのだ。

私は自身の胸元の紐をほどき、ボタンを外してゆく。
その間も彼女を"手"で揉みしだき、硬さをほぐしてゆく。
そうしながら彼女を目の前まで引き寄せると、がばりと大きく私の胸元を開いて、服の中を見せた。
ぐちょぐちょで、ぬるぬるで、真っ赤な液体が波打つ私の"中"を。
「さ、今からここに入れてあげる……」
液体が渦巻きながら、ぐぱぁと、大きく円形の"口"を開く。
中には幾筋もの粘液の橋が掛り、幾重もの肉壁が揺れ動いている。

私は彼女の爪先から、その"中"へと滑り込ませた。
"中"は私の"手"の内とは違う。幾人もの自由意志が彼女を楽しませようと蠢いているのだ。
ある程度統制されていた今迄とは違い、肉のカオスの中に呑まれているのだ。
中へと沈みこむたび、びくびくと痙攣のように彼女が震える。
人間であれば耐えられない環境だ。それも当然だろう。
だが淫魔として覚醒しかけている彼女は違う。
痙攣だったのはほんのつかの間。
腰のあたりまで呑まれるころには、彼女の震えはとくん、とくんと、私の鼓動と一致していた。
ほら、もう慣れ、心地良く楽しみはじめてる……

そうして、彼女の肩が私の"中"に入り、首のあたりのところで私は呑みこむのを止めた。
私の胸元から、彼女の顔だけが出ている状態だ。
彼女は手足をばたばたと私の"中"を掻き回しながら、抗議の言葉を私に投げかける。
私はそれにこう答えた。
「気持ち良いことと一緒に、外も見ながらちゃんと考えなさい。あなたはどうするのかを」
彼女はしゅんと「はい」とだけ呟いた。

さあ、長くなりましたが家まで帰りましょう。
そしてまずはご主人に彼女を紹介しないと。
もちろん彼女は胸元に入れたまま。
というより、将来を決めるまで、ずっとこのままにするつもりですけどね。

おしまいです。


  1. かくに:よむと…しぬ!?
  2. 管理人:死なないようにも出来るんですが、「彼」がイヤだったんです、ジェラさんは(笑。
  3. かくに:かわいいにゃ。最近は積極的に絵も描くのですね。    …にゃーまねん!?
  4. 管理人:なんかネコ化したジャーマネンさんがぽわぽわ浮んだので唐突に。ねこみみむずい。
  5. かくに:洗濯は風呂釜でなんとか…足でフミフミすれば良いと思いますが脱水がネックかもしれません。衣類によっては痛む恐れがあり危険と思われます。新居はどうですか?
  6. 管理人:そうか、手でやればいいのか!! まるで気付きませんでした。 新居に馴染む前に実家の留守番頼まれてしまったのでなんだかなぁといった感じです。糞狭い脱衣所の収納とか考えることはやまもり。
  7. かくに:そういえば明日はついに洗濯機が来るんですね。もしやドラム式!?
  8. 管理人:そんなカネはない!これですよ ttp://www.toshiba.co.jp/living/laundries/aw_50gg/
  9. かくに:容量5kgですか。ドラム式よりこっちのタイプの方が故障とか不具合が少ないらしいので良いんじゃないでしょうか。洗濯機って無いと大変ですよね…冷蔵庫はどんな感じですか?
  10. 管理人:冷蔵庫はシャープ ttp://www.sharp.co.jp/reizo/product/sj14s/index.html 省エネ重視で決めました。でも地味に五月蝿い。
  11. かくに:これ両に開くなんですね!これ便利じゃないですか。確かに某所の評価だとうるさいみたいだけど許せるっていうか慣れるくらいだったら良かも。ブンブン言ってたら涙目ですけど…
  12. エアコンの人:両方に開くんではなく、ヒンジの付け替えで開く方向を選択できるだけですよ~  冷蔵庫の駆動音は慣れれば気になりませんよ。夜中にふと目覚めた時に妙に気になる場合もありますが…
  13. 管理人:いつかは慣れるんでしょうけど、他機種と比べるとあきらかに五月蝿いので……。開く方向選択できるってとこまでは引越しまで前提にしてて面白いのに、なぜワンルームに置くときのことを考えなかったのか。まあ、ウチ、ワンルームじゃないのでぜんぜん平気なんですけどね。
  14. かくに:ヒンジを付け替える訳ですね。なるほど。やっぱり音うるさいんですね。音は店でも分からないだろうから困りますな。最近冷蔵庫の野菜が頻繁に凍ってたりするからそろそろ替え時かなと思いまして…。
  15. アルティ・エストランス:日曜に魔を喰らいし者の続きを送ったけれど、未だ更新は無しか……とろとろさん、やっぱり忙しいんですかね?そういうわけなので、ジェラさんが活躍する姿が見られるのはもう少し先の事になりそうかも。
  16. srnk:凍るようになった冷蔵庫は、電源を切って1日おいてやると直ることがありますね。うるささは…人間慣れれば爆音100dbファンのある部屋でも寝られますよ!
  17. 管理人:> かくにさん 音は戸を一枚挟めば問題ないレベルですので冷蔵庫を置く部屋で寝ないのならおすすめです。ファン冷却なので霜取り不要ですし。 アルティさん > 期待してます srnkさん > まあ慣れというのはね!
  18. かくに:着々と更新キテルー!でも取り込みジャナイー?! もう絶対採用されないだろうと思っていたのにここでまさかの展開! もし自分の描いた絵の件でしたら遠慮なく使って頂きたいのです。ジェラさんを好きに描いても良いと言ってくれた訳ですから当然ジェラさんが描かれている絵もシチュも自由に使って当然ですから。寧ろスラさんに採用される事こそ最上の誉れ。その代わり引き続き勝手に描かせてもらえれば幸いです。
  19. 管理人:すいません、今日明日と都合によりお休みです。 > かくにさん 許可ありがとうございます! まだネット環境が整っていないことから絵を上げるのが難しいため、11/18に改めて追加します。 こちら側が自由に使うことを許可してても、使う側に自由を強制しようとは思ってません。でもありがたきお言葉! 
  20. かくに:言い方が回りくどくなってしまいましたが使えるところは使ってもらえれば本望です。それは本家のスラさんが気に入ってくれたという事ですからこれ以上の喜びは無いですもん。同じ内容っぽいですけどお気軽にどうぞ的な感じで… それと絵を送る時にはどこに投下するのが一番わかりやすいですか?ウチのブログだとスラさんが判断に困るんじゃないかと…  まだ環境も整ってない内からいろいろすいません。
  21. 管理人:すいません、よく考えると今日も無理でした。明日(11/10)から復活します。 > かくにさん こちらこそわかりづらくなってしまって申し訳ないです。堂々と使わせていただきます! 絵はブログで大丈夫ですよー。判断については今回聞けましたし、もう迷うこともないです。
  22. かくに:食っても…良いんじゃないかな…
  23. 管理人:言っちゃったよこのひと!! まあこのまま書いてみます。食うかくわないかはジェラさん任せで。
  24. かくに:カニ&アワビ食べ放題スペシャルそんな場所がこの世に存在するんですか!? 割とマジな話で気になりまして… お仕事なんとか乗り切ってくださいな
  25. 管理人:バスツアーでござる。ぐぐると出てきますよ。仕事はまあ、なんとかがんばります。たぶん。
  26. かくに:買ってしまわれたんですねイケメンキムチ!そして感想が書かれていない所をみるとまぁ残念だったと… パッケで普通に引かれてましたよね…自分もそう思います。そこで次回は御飯がススムというキムチを…
  27. 管理人:キムチチャーハンの材料にしたらなかなかでした。やっぱりキムチは火を加えると一味かわりますね。御飯がススムはずいぶん前から気になってるんですが、なかなか手を出せずに。
  28. かくに:あれ!?まさかの展開に… 一体どうなってしまうのか!?
  29. 管理人:もうちょっとで終わってしまうため、少し出し惜しみ。 > かくにさん ここまで長く続けてきてこれかよって感じになってしまったかも。うー
  30. かくに:お疲れ様です!ついに終わってしまいましたか。多忙な中よくぞここまで…しかもおっぱいから頭出しとか。続き…行けそうですね…待つのは…自由ですよね。
  31. 管理人:おつありです。なんとか終わりまでこぎつけました。あのスバラしい服装のおかげで、おっぱい顔出しはやらざるをえなかった。ってかいつかやりたかった。続きは構想ありません。これの続き書くぐらいならゼリとか。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/12/24 18:20 カテゴリ:妄想

2010/12/09

天橋立へいってきました。

はしだて

「天橋立カニ&アワビ食べ放題スペシャルバスツアー」に行ってきました。まあ正直、食べ放題になってるカニもアワビも牛しゃぶもいまいちな上に滞在2時間、内1時間が食べ放題タイムという恐しいツアーでしたが。さらにはケーブルカーが15分ごとにしか出ないから、食い放題で1時間使うと橋立を見る時間は30分しかないんだ。(リフトは工事中で動いてなかった)

でも天橋立は良かった。行ってよかった。絶妙な曲線の橋立に、丁度日の照り返しがあって……日が暮れて、空の色が変わっていく様まで見ていたかったよ。っていうか朝日の照り返しとか見たかったよ。

あと丁度観光客が多い日だったみたいで、ケーブルカー乗るときに並ぶはめになったんだけど。帰りに「丁度ここで『はい、ここまででーす』とか言われたらギャグだよな。バスに間に合わなくなるし」とか言ってたら僕のところでがしゃーんと閉まって「はい、ここまででーす」って漫画みたいな話になったよ。臨時列車が出て事なきを得たけど。

しかし、やっぱり旅はいいですね。また時間があるときにでもどっか行きたいです。次は富士山かなぁ。

あとカニスプーンの使い方がわからなかったので、食いにくくて仕方がなかった。次までに調べとこう。多分次食うときにはまた忘れてるけど。


  1. かくに:ツアーの件をぐぐると日帰りメインで我が家からだと厳しい感じでした でもカニとアワビが微妙との事でむむむ…景色はとても素晴らしいんじゃないでしょうか。まともに行かないツアーも終わってみれば良い笑い話に…なっているんでしょうか?でも楽しそうでなによりでしたー。
  2. 管理人:というか時間制限食べ放題だってのに喰いにくい蟹と、焼けるまで待たなきゃなんないあわびの残酷焼きとか、罠としか言いようがない(笑。考えたヤツに心の中で拍手しましたとも。でもまあ楽しいひとときでした。よかったよかった。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/12/09 23:04 カテゴリ:日常

2010/11/16

11/18 0:00ごろ〜お昼ごろ 本サイトはアクセス不可となります。

サーバーの引越しのため、本サイト自体が閲覧不可能となります。

だいたい0時(18日になった瞬間)から見れなくなり、お昼ごろに復活の予定です。

途中経過はおそらくtwitterで呟きますので、参照してください。

ではー。


  1. 管理人:おわりましたー。
  2. かくに:おつかれさまでしたー!
  3. 管理人:おつありですー。

名前

コメント

注:以下の条件に当てはまるコメントは無視されます

書いた日: 2010/11/16 23:55 カテゴリ:日常

Page 12 of 92: « 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 »


作成:スラマイマラス
MSN : slime.haha@hotmail.co.jp (注:ここにメールを送られても読みません)(滅多にログインしてないので削除)
Skype : slimymars
XBox Live : slimymars (slimymars@gmail.com)

当サイトは基本的にNYSDLの元で公開されていますが、 引用されている文章、画像などは元の著作権所持者に帰属しますのでご注意ください。

当サイトへのリンクはどのような形(普通のリンク、直リンク、ディープリンク、隠しリンク)であろうとも、歓迎します。

ばなあ

↑リンク用ばなー。cy様よりいただきました。ありがとうございます!!

当サイトはuchigawa@moonを勝手に応援しています。

アナログ